[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、陥落を“先輩王者”が慮る 竹原慎二氏「期待 重圧が辛かっただろう」

村田諒太、陥落を“先輩王者”が慮る 竹原慎二氏「期待 重圧が辛かっただろう」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫し、ベルトを失った。95年に日本人初のWBA世界ミドル級王者に輝いた竹原慎二氏は「世間からの期待 重圧が辛かっただろう」と心中を慮っている。

ロブ・ブラント(米国)2度目の防衛戦で敗れた村田【写真:荒川祐史】
ロブ・ブラント(米国)2度目の防衛戦で敗れた村田【写真:荒川祐史】

“日本人初”ミドル級王者が“2人目”村田の敗戦に言及「残念だ」

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫し、ベルトを失った。95年に日本人初のWBA世界ミドル級王者に輝いた竹原慎二氏は「世間からの期待 重圧が辛かっただろう」と心中を慮っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本人2人目のミドル級王者・村田のV2戦はよもやの結果となった。

 大差で判定負け。村田の前に日本人初のミドル級王者・竹原氏は自身のブログを「村田戦」と題して更新し、「やっぱり手数が少ないな コンビネーションのバリエーションももう少し欲しかったな」と試合を回顧。「残念だ」と無念の思いをつづった。

 ロンドン五輪金メダリストの看板を引っ提げてプロ転向し、日本人にとって不利とされてきた中量級で世界王者に。絶大な人気を誇り、リングに上がってきた。竹原氏は「俺もそうだったが 世間からの期待 重圧が辛かっただろう」と心中を慮っていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー