[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宮原知子、V2へ貫禄首位発進に米記者賛辞「このプログラムこそサトコ・ミヤハラ」

宮原知子、V2へ貫禄首位発進に米記者賛辞「このプログラムこそサトコ・ミヤハラ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)が73.86点で首位発進した。連覇を狙う20歳の好演技に対し、海外記者は「このプラグラムこそサトコ・ミヤハラ。どのひとかけらをとっても」と賛辞を並べている。

女子SPで首位発進した宮原知子【写真:Getty Images】
女子SPで首位発進した宮原知子【写真:Getty Images】

GPシリーズ第1戦スケートアメリカ、SPで70点超の高得点

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)が73.86点で首位発進した。連覇を狙う20歳の好演技に対し、海外記者は「このプラグラムこそサトコ・ミヤハラ。どのひとかけらをとっても」と賛辞を並べている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本女子のエースが華麗にGPシリーズを滑り出した。冒頭で3回転ルッツ―3回転トーループを決めるなど、ジャンプをミスなし。持ち前の表現力も発揮し、質の高い演技を披露した。得点は73.86点。平昌五輪4位に実力を見せ、71.29点だった坂本花織(シスメックス)と日本勢ワンツーを決めた。

 20年以上フィギュア界に携ってきた米国のジャッキー・ウォン記者は「今週見たサトコ・ミヤハラの3Lz3Tでは最も綺麗だった―可能な限り最良のタイミングだ」とツイート。「このプラグラムこそサトコ・ミヤハラ。どのひとかけらをとっても」「技術点39.2、演技構成点34.44の総得点73.86で1位に。すべての要素がクリーン(認められた)」と高く評価していた。

 新シーズンの本格的な幕開けを告げるGPシリーズ初戦。大会連覇へ向け、まずは順調に第一歩を踏み出した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー