[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、完敗後の“8分20秒”の全コメント「相手が速くて、当たらなかった」

村田諒太、完敗後の“8分20秒”の全コメント「相手が速くて、当たらなかった」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫した。

試合後は敗因を気丈に語った村田諒太【写真:荒川祐史】
試合後は敗因を気丈に語った村田諒太【写真:荒川祐史】

ブラントに敗れ王座陥落、村田は完敗を認め、気丈に心境吐露

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合後、村田は完敗に認め、8分20秒に渡って気丈に心境を語った。一問一答は以下の通り。

――今の心境は?

「右も読まれてたし、自分のボクシングの幅も狭くて『あ、負けたな』という感じです」

――何ラウンドぐらいから思うようにいかないと感じたのか。

「(5回の)倒せるチャンスで倒せなかったのがすべてかなと」

――開き直って勝負に行った?

「流れも良くなかった。バランスも良くなかったので、今日はもう完敗ですね」

――採点の差については?

「もうちょっとくれてもいいかなと思いましたけど、116-114、116-112だろうが、負けは負けなんで、そこは気にならないですね。そう、つけられてもおかしくない試合内容だった」

――ブラントの予想と違ったところは?

「速かったですね。よく動くし、もっと落ちてくれるかなと思ったら落ちなかったので、よく練習してるんだろうなと思いました」

――左ボディーはよく当たっていた。

「ボディーは当たって効いているときもあったと思いますけど、それ以上に相手の方がインテリジェンスという面で上だったかな。右をしっかり見切って、左右に動いて、打ち終わりをジャブ突いてという感じ。コントロールされたな、よく研究されたなという印象です」

――村田選手の右の調子がいつもと違った?

「うーん。相手あってのもので、相手が速くて、当たらなかったのが一番じゃないですか」

――ラスベガスで自身初の世界戦。

「やっぱり、自分のボクシングの幅の狭さを感じましたし…ベストは尽くしましたけど、自分の実力が届かなかった。ただ、多くの日本人の方が来てくれていたので、すごくうれしかったですね。入場の時に、あんなに多くの日本人が来てくれたのは嬉しかった」

――判定の後は拍手をしていたが。

「もう完全に負けたと思っていたんで、負けたなと」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー