[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂のバインコーチ、最終戦へ慢心なし 来季契約にも言及「もちろん、延長したい」

大坂のバインコーチ、最終戦へ慢心なし 来季契約にも言及「もちろん、延長したい」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルに出場する世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が21日、初戦を翌日に控え、現地で最終調整を行った。指導するサーシャ・バインコーチが会見に応じ、「素晴らしい一年だったが、もう一つ仕事が残っている」と慢心なしを強調。その上で大坂との契約について「もちろん、彼女と契約を延長したいと思っているし、そうなると思っている」と述べた。

試合前日の会見に応じたサーシャ・バイン氏【写真:小林 靖】
試合前日の会見に応じたサーシャ・バイン氏【写真:小林 靖】

WTAファイナル初戦前日会見「素晴らしい一年だったが、まだ終わっていない」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルに出場する世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が21日、初戦を翌日に控え、現地で最終調整を行った。指導するサーシャ・バインコーチが会見に応じ、「素晴らしい一年だったが、もう一つ仕事が残っている」と慢心なしを強調。その上で大坂との契約について「もちろん、彼女と契約を延長したいと思っているし、そうなると思っている」と述べた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 いよいよ、翌日に迫った夢舞台の初戦。バインコーチはこの日、大坂の練習後に会見に応じ、「上位8選手で競うためいきなりワールドクラスの選手とぶつかる。メンタルのアプローチも通常の大会とは異なる。初戦負けても巻き返せるチャンスが十分にあるからだ」と1次ラウンドはリーグ戦方式の大会躍進にイメージを膨らませた。初戦に関しては「あまり多くは言えないが、クロスコートのラリーが増える展開になるだろう」と展望した。

 全米オープンを制し、歴史的快進撃で掴んだ出場切符。「素晴らしい一年だったが、まだ終わっていない。もう一つ仕事が残っている。祝うのはその後だ」と慢心なしを強調した。「(なおみは)テニス以外の面ではだいぶ余裕が出てきた。開放的になってきた。自分の殻に閉じこもるようなことが無くなってきた。僕が社交的で人と接するのが好きなので、新しい部分を引き出せたのではないかと思っている。『ヘンだ』と彼女からはよく言われるけどね」と成長の要因を語った。

 また、今季からコンビを組んだ大坂との契約に言及。「まだシーズンが終わっていない。もちろん、彼女と契約を延長したいと思っているし、そうなると思っているが、まずは目の前の大会に集中したい」と話した。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー