[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は倒せない 辛勝ロドリゲスに海外ファン辛辣「イノウエがボコボコにする」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は20日(日本時間21日)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に判定勝ち。IBF王座防衛に成功し、準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と激突することが決まった。挑戦者の強烈なボディを被弾し、辛勝となったロドリゲスに対し、海外ファンからは「イノウエと戦うことは死刑宣告」「勝機があるとは思えない」と厳しい声が上がっている。

ロドリゲスと次戦で対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】
ロドリゲスと次戦で対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】

井上相手に勝ち目なしか、海外ファンは厳しい声「勝機があるとは思えない」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は20日(日本時間21日)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に判定勝ち。IBF王座防衛に成功し、準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と激突することが決まった。挑戦者の強烈なボディを被弾し、辛勝となったロドリゲスに対し、海外ファンからは「イノウエと戦うことは死刑宣告」「勝機があるとは思えない」と厳しい声が上がっている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

「The Monster」の最大のライバルと目されてきたロドリゲス。井上自身も大橋会長も要警戒選手として名前を挙げてきたが、オージーのタフガイ相手に苦しんだ。

 後半は手数が減り、強烈なボディショットを何度も被弾した。判定も割れ、辛くもIBF王座防衛に成功。19戦全勝と記録を伸ばし、勝利後のリングでは視察した井上とのフェイスオフが実現し、その模様をWBSSが画像付きでSNS公開して盛り上がった。

 しかし、海外のボクシングファンはツイッターで井上相手に勝ち目なしの声を次々に上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集