[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

お騒がせ男ネリ、復帰戦飾るも海外記者は厳しい視線「ヤマナカ騒動払拭には程遠い」

ボクシング元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)は6日にメキシコ・ティファナで行われたジェイソン・カノイ(フィリピン)戦で3回2分44秒TKO勝ちを収めた。3月の山中慎介(帝拳)とのタイトル戦前日計量で体重超過を犯し、6か月間の出場停止明けの一戦で、WBCバンタム級シルバー王者の座に就いたが、英国人記者は「ヤマナカ騒動払拭には程遠い」と指摘している。

元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ【写真:Getty Images】
元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ【写真:Getty Images】

騒動以来の復帰戦を飾るも、海外記者からは厳しい視線

 ボクシング元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)は6日にメキシコ・ティファナで行われたジェイソン・カノイ(フィリピン)戦で3回2分44秒TKO勝ちを収めた。3月の山中慎介(帝拳)とのタイトル戦前日計量で体重超過を犯し、6か月間の出場停止明けの一戦で、WBCバンタム級シルバー王者の座に就いたが、英国人記者は「ヤマナカ騒動払拭には程遠い」と指摘している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 7か月ぶりにリングに戻ってきたネリ。しかし、“神の左”と呼ばれた山中氏の晩節を汚した行動は許されていないようだ。

「先週、ティフアナでルイス・ネリはジェイソン・カノイ相手に3ラウンドTKO勝ちを収めた。WBCシルバー・タイトルが懸かっていた。ネリはワールドクラスのファイターだが、ヤマナカ騒動を払拭するための道のりはまだまだ遠いのだ」

 こうツイートしたのは英専門メディア「ブリティッシュ・ボクサーズ」などで執筆するハイデン・ウィリアムズ記者だった。

 カノイを倒したネリだが、その問題行動の数々を英国人記者は忘れていなかった。昨年8月に山中の国内最多13連続防衛を阻んでいたネリ。試合前に行ったドーピング検査で陽性反応を示し、WBCから再戦を命じられた。3月の再戦は前日計量に5ポンド(約2.27キロ)超過し、試合前時点で王座剥奪に。WBCは一度無期限資格停止を言い渡したが、6か月間の資格停止に減刑されていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集