[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「指名漏れ」から1位候補に急浮上も… “○度目の夢”にかけるドラフト候補は?

日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は11日にプロ野球志望届の提出者を締め切り、計249人(高校生123人、大学生126人)が提出した。一方、提出義務のない社会人野球の選手にも、かつてプロ志望届の提出者リストに名を連ねながら、今回、指名を待つ逸材もいる。「指名漏れ」を経験した選手たちだ。プロ入りの夢に再挑戦する逸材を紹介する。

侍ジャパン社会人代表でもプレーしたホンダ鈴鹿・松本桃太郎【写真:Getty Images】
侍ジャパン社会人代表でもプレーしたホンダ鈴鹿・松本桃太郎【写真:Getty Images】

「指名漏れ」を味わい、プロの夢に再挑戦する逸材たち

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は11日にプロ野球志望届の提出者を締め切り、計249人(高校生123人、大学生126人)が提出した。一方、提出義務のない社会人野球の選手にも、かつてプロ志望届の提出者リストに名を連ねながら、今回、指名を待つ逸材もいる。「指名漏れ」を経験した選手たちだ。プロ入りの夢に再挑戦する逸材を紹介する。

【確定版】この中からドラ1は何人生まれる? 計249人の注目選手がズラリ… <「プロ野球志望届」提出者全一覧>

 最大の注目はホンダ・斎藤友貴哉投手だ。桐蔭横浜代時代に指名漏れを味わったが、社会人に入って急成長。最速152キロの即戦力右腕として、ドラフト1位候補に挙がる。野手ではホンダ鈴鹿・松本桃太郎内野手も注目。仙台大時代に仙台六大学リーグ新記録の通算120安打を放った安打製造機だ。

 他にも日本通運・生田目翼投手は、流通経大で最速155キロの剛腕として全日本大学選手権準優勝し、神宮を沸かせた。また、JR東日本・佐藤拓也外野手(立大)、ホンダ・松田進内野手(中大)、ホンダ鈴鹿・金子凌也内野手(法大)、日本新薬・久保田昌也内野手(国学院大)ら、大学時代に注目を集めながら指名漏れを味わった選手もいる。

 上記は今年から指名解禁となる大卒社会人2年目となるが、3年目には独立リーグの四国アイランドリーグ、徳島インディゴソックスの谷田成吾外野手がいる。

「由伸2世」として注目を集め、東京六大学通算15本塁打を放ったスラッガーは慶大時代に指名漏れを味わい、名門・JX-ENEOSに進んだが、昨季は不振もあって指名なし。今季はチームを退社し、米トライアウト挑戦を経て、四国アイランドリーグでプレー。今年指名がなければ引退する意向を明かしており、野球人生をかけた勝負をかける。

「指名漏れ」を味わった選手といえども、現役選手でも今季セーブ王に輝いたDeNA・山崎康晃投手(帝京→亜大)、シーズン歴代最多安打記録を持つ西武・秋山翔吾外野手(横浜創学館→八戸大)のように屈辱をバネに成長し、プロ野球で大きく成長する選手も少なくない。彼らのように続けるか、プロ野球ドラフト会議は25日に行われる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集