[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「間違いなくビースト」 10階級上の英重量級猛者も絶賛「KOし続けている」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の70秒でKOした。全世界120か国で中継された秒殺劇の余波は広がり続けている中、英国重量級の猛者も「間違いなくビースト」と脱帽している。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

軽量級離れした破壊力をライトヘビー級タイトル挑戦者も称賛

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の70秒でKOした。全世界120か国で中継された秒殺劇の余波は広がり続けている中、英国重量級の猛者も「間違いなくビースト」と脱帽している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 英衛星放送「スカイスポーツ」の人気ボクシングポッドキャスト「Toe2Toe」にゲスト出演したのは、IBF世界ライトヘビー級7位のカラム・ジョンソン(英国)だった。

 WBSSバンタム級大会について「すごくタフな大会に見えますが?」と質問されると、ジョンソンは「そうだね。イノウエは間違いなくビーストだ。彼は過去2戦はいずれも2分以上相手が持たなかった、そうだよね? 彼は人々をノックアウトし続けている」と脱帽した。

 ジョンソンは10月6日に米・シカゴで行われた同級世界王者アルツール・ベデルビエフ(ロシア)とのタイトルマッチでKO負けを喫したが、それまでキャリア17戦無敗だった。10階級上の実力者からも“野獣”の認定を受けた井上はボクシング界で最も権威を持つ米誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド最新版でも6位にランクアップしたばかり。

 難敵パヤノ相手の秒殺劇で、世界のボクサーからの最敬礼を受ける存在となっている。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集