[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “極限マラソン”で2時間00分25秒の衝撃 専門家は太鼓判「2時間切り目撃できる」

“極限マラソン”で2時間00分25秒の衝撃 専門家は太鼓判「2時間切り目撃できる」

スポーツ用品メーカー「ナイキ」がマラソンの2時間切りに挑戦するプロジェクト「ブレーキング2」のトライアルレースが現地時間6日、イタリア・モンツァのF1コースで3選手が出場して行われ、リオデジャネイロ五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が非公認ながら世界記録(デニス・キメット=2時間2分57秒)を大きく上回る2時間00分25秒で走破。

ナイキ企画レースでキプチョゲが非公認2時間00分25秒、人類未開の2時間切り目前?

 スポーツ用品メーカー「ナイキ」がマラソンの2時間切りに挑戦するプロジェクト「ブレーキング2」のトライアルレースが現地時間6日、イタリア・モンツァのF1コースで3選手が出場して行われ、リオデジャネイロ五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が非公認ながら世界記録(デニス・キメット=2時間2分57秒)を大きく上回る2時間00分25秒で走破。今回の“記録達成”は持ち越しとなったが、プロジェクトをサポートした専門家は人類未開の「2時間切り」に太鼓判を押している。英紙「ガーディアン」が報じた。

 今回は多数のペースメーカーを起用してペースを維持した上で、選手たちへの風を避け、さらに給水での減速を防ぐためにエンジン付き自転車で水分を受け渡すなど、極限の“アシスト”が施された。

 記事によれば、結果的に記録達成はならなかったが、キプチョゲは「これが2時間切りに向けての最後の挑戦ということにはならない」と話し、前人未踏の記録再挑戦に意欲を見せたという。

「私の人生のなかで、一番高いパフォーマンスであった。この目的は、2時間以下でマラソンを走りきることは可能だというメッセージを発信することだ。このメッセージは私にとって本当に特別なものだ」

 このように語り、リオ五輪金メダリストにとって前人未踏の2時間切りがいかに価値ある記録なのかを示している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー