[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を米国はどう見た? 現地記者直撃「あのパワーは…いやぁ、ビックリした」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒でマットに沈めた。戦慄のKO劇を見せつけた井上は、次戦の準決勝は来年3月に米国での開催が有力。世界的な評価を受ける「The Monster」だが、実際に海外の記者からはどう見られているのか。「THE ANSWER」では米紙「ロサンゼルス・タイムズ」でボクシングを取材するディラン・ヘルナンデス記者を直撃。リアルな声を聞いた。

戦慄のKO劇を見せつけた井上尚弥【写真:Getty Images】
戦慄のKO劇を見せつけた井上尚弥【写真:Getty Images】

米のボクシング記者が井上を語る

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒でマットに沈めた。戦慄のKO劇を見せつけた井上は、次戦の準決勝は来年3月に米国での開催が有力。世界的な評価を受ける「The Monster」だが、実際に海外の記者からはどう見られているのか。「THE ANSWER」では米紙「ロサンゼルス・タイムズ」でボクシングを取材するディラン・ヘルナンデス記者を直撃。リアルな声を聞いた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 わずか70秒で難敵パヤノを仕留め、デビューからの連勝を17に伸ばした怪物。伝統ある専門誌「リング」の最新のパウンド・フォー・パウンドで7位にランク付けされるなど、階級を問わず世界トップクラスの強さを認められているが、試合を見たヘルナンデス記者も驚きを隠せないようだ。

「ジャブを上手く使って相手の視界を遮りながら、すかさずストレートで内に入り込んだ。あのパワーはすごすぎるでしょ。しかも、勝負の決め方を分かってるし。いやぁ、ビックリした」

 もともと井上の事は高く評価していた。「パワーはすごい。最初はビッグパンチャーだと聞いていたけど、評判よりもテクニックもあるし、頭もいい。イノウエを何試合か前に見たときは素晴らしいと思ったよ」と賛辞を並べていたが、その評価はさらに上がったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集