[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アテネ五輪1600mリレー4位・伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」に登場

たった半年間で、子供は大きく成長する。それを実感させられる時間だった。アテネ五輪の陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広氏が7日に岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。3月から遠隔指導により、小学生にかけっこ指導してきた成果の中間発表し、半年間で50メートル走を0秒7以上縮める子供が続々と現れた。

岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」で子供たちの成長を確かめた伊藤友広氏【写真:編集部】
岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」で子供たちの成長を確かめた伊藤友広氏【写真:編集部】

その距離、480キロ― 元五輪スプリンターが“東北の子供たち”の足を速くした方法

 たった半年間で、子供は大きく成長する。それを実感させられる時間だった。アテネ五輪の陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広氏が7日に岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。3月から遠隔指導により、小学生にかけっこ指導してきた成果の中間発表し、半年間で50メートル走を0秒7以上縮める子供が続々と現れた。

 南三陸の浜風を受け、子供たちが元気良く走り抜けた。50メートル走を全力で駆け、半年間でタイムを0.7秒以上縮める子供が続々。タイムを聞くと、表情に満面の笑みを浮かべる。そんな姿を伊藤氏も眩しそうに見つめていた。

 元トップスプリンターが登場したのは、画期的な指導プログラムだった。「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどがスポーツ指導する「東北『夢』応援プログラム」に秋田出身の伊藤氏も賛同。指導役の「夢応援マイスター」として3年目を迎える伊藤氏は、今年3月から1年間、遠隔指導ツールの「スマートコーチ」を活用し、技術指導を重ねていく。

 この日は実際に会い、成長を確かめる中間発表だった。遠隔指導を受けてきた子供で、今回参加したのは地元クラブに所属する5人。実際に会うのは半年ぶりだったが、「スマートコーチ」で練習動画を送り、それに伊藤氏が助言を返すという形で、東京・宮古の480キロの距離を超え、つながってきた。子供たちも少しでも成長した姿を見せようと、目を輝かせながら体を動かした。

五輪に出場した元トップスプリンターと宮古の“小さなスプリンター”の挑戦はこれからも続いていく【写真:編集部】
五輪に出場した元トップスプリンターと宮古の“小さなスプリンター”の挑戦はこれからも続いていく【写真:編集部】

5人全員がタイム短縮、0秒7以上も続々…

 クラブのメンバーも含め、29人のクリニックからスタート。半年前の初回も指導しており、「忘れた部分は思い出しながらやっていきましょう」という伊藤氏の掛け声とともに始まった。「大事なことは覚えてる? まっすぐな姿勢を取ること」と復習しながら、けんけん、スキップなど正しいフォームを身に着けるために必要な練習を実施。楽しみながら、取り組んでいった。

 そして、1時間半の指導の締めくくりに行われたタイム測定。10メートルのけんけん、20メートルのスキップとともに50メートル走が待っていた。緊張した空気が流れる中、思い思いに全力疾走した。

 内村修斗君(6年)は0秒79と大きく縮め、8秒07をマークした。7秒77の阿部陽友君(6年)、8秒10の安原掬乃さん(5年)も0秒7以上、8秒64の阿部利玖斗君(6年)、7秒92の岩城優月さん(6年)を含め、全員が半年前より速くなった。努力の成果が実り、子供たちはスタート前の緊張感が嘘のように、笑みをこぼしていた。これには見守った伊藤氏も嬉しさを隠せない様子だった。

 ただ、これで終わりではない。半年後に行われる成果発表で集大成を見せる。最後に伊藤氏は「何でも工夫して頑張ってチャレンジしていけば、できるようになる。練習から頑張って、もっと力を伸ばしてください」とエールを送った。五輪に出場した元トップスプリンターと宮古の“小さなスプリンター”の挑戦はこれからも続いていく。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集