[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

その距離、480キロ― 元五輪スプリンターが“東北の子供たち”の足を速くした方法

たった半年間で、子供は大きく成長する。それを実感させられる時間だった。アテネ五輪の陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広氏が7日に岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。3月から遠隔指導により、小学生にかけっこ指導してきた成果の中間発表し、半年間で50メートル走を0秒7以上縮める子供が続々と現れた。

岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」で子供たちの成長を確かめた伊藤友広氏【写真:編集部】
岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」で子供たちの成長を確かめた伊藤友広氏【写真:編集部】

アテネ五輪1600mリレー4位・伊藤友広氏が「東北『夢』応援プログラム」に登場

 たった半年間で、子供は大きく成長する。それを実感させられる時間だった。アテネ五輪の陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広氏が7日に岩手・宮古市で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。3月から遠隔指導により、小学生にかけっこ指導してきた成果の中間発表し、半年間で50メートル走を0秒7以上縮める子供が続々と現れた。

 南三陸の浜風を受け、子供たちが元気良く走り抜けた。50メートル走を全力で駆け、半年間でタイムを0.7秒以上縮める子供が続々。タイムを聞くと、表情に満面の笑みを浮かべる。そんな姿を伊藤氏も眩しそうに見つめていた。

 元トップスプリンターが登場したのは、画期的な指導プログラムだった。「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどがスポーツ指導する「東北『夢』応援プログラム」に秋田出身の伊藤氏も賛同。指導役の「夢応援マイスター」として3年目を迎える伊藤氏は、今年3月から1年間、遠隔指導ツールの「スマートコーチ」を活用し、技術指導を重ねていく。

 この日は実際に会い、成長を確かめる中間発表だった。遠隔指導を受けてきた子供で、今回参加したのは地元クラブに所属する5人。実際に会うのは半年ぶりだったが、「スマートコーチ」で練習動画を送り、それに伊藤氏が助言を返すという形で、東京・宮古の480キロの距離を超え、つながってきた。子供たちも少しでも成長した姿を見せようと、目を輝かせながら体を動かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集