[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥の「閃光のワンツー」 衝撃の70秒に海外メディア震撼「時空を超えた…」

井上尚弥の「閃光のワンツー」 衝撃の70秒に海外メディア震撼「時空を超えた…」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。圧巻の秒殺劇に海外メディアも「閃光のワンツーで世界にショックウェーブ」「感動の船出」と絶賛の嵐が巻き起こっている。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

圧巻の70秒KOの衝撃を欧米メディアが続々報道

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。圧巻の秒殺劇に海外メディアも「閃光のワンツーで世界にショックウェーブ」「感動の船出」と絶賛の嵐が巻き起こっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 1ラウンド開始1分。鮮やかなワンツーで、井上は早すぎる試合に幕を下ろした。黒いキャンバスのリング上で、仰向けに倒れるパヤノ。生気を失った表情の元スーパー王者を主審が覗き込む。そして、そのすぐ脇で歩きながら、客席に向かって右拳を突き上げているのは強すぎる王者だ。会場のライトを浴びた表情は、汗ひとつかいた様子もなく冷静。倒れたパヤノと倒した井上のコントラストは、残酷なほどの明暗を浮かび上がらせていた。

「The Monster」の異名通りの70秒秒殺劇は海外メディアも震撼させていた。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「時空を超えた、衝撃的かつ、閃光の速さの左右のコンボで、モンスターはパヤノを倒し、ボクシング界全体にショックウェーブを広げた」と驚愕のワンツーを振り返っている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー