[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、強すぎる故に浮上する意外な悩みとは? 「今回は課題を見極める前に…」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を、衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。最強王者決定戦で衝撃的な強さを見せたモンスターだが、強すぎるが故に新たな悩みが浮上しているようだ。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

バンタム級転向後は2試合でもわずかに182秒

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を、衝撃の1回70秒KOでマットに沈め、デビューからの連勝を17(15KO)に伸ばした。最強王者決定戦で衝撃的な強さを見せたモンスターだが、強すぎるが故に新たな悩みが浮上しているようだ。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 戦慄が走った。あまりに一瞬の出来事に、何が起きたのか事態を把握できない観客もいたかもしれない。それだけ鮮やかで衝撃的だった。開始1分過ぎ、井上は左ジャブからのワンツーの右ストレートをパヤノに浴びせた。崩れ落ち、仰向けに倒れた元スーパー王者は沈黙。すさまじいノックアウトシーンだった。

「手応えがあった。かなり効いていた。この一撃で終わったと思った」と振り返り、「入り際のストレート。ずっと練習してきたパンチです」と胸を張った。日本人の世界戦最速となる70秒で、プロでKO負けなしのパヤノをマットに沈めた。

「見切ったというか。体が先に反応しましたね。その前から距離感は探っていました。駆け引きはあった。踏み込みは練習していました。バックステップの速さとか、(パヤノは)かなりテクニックも技術もあるし、自分もそれ以上に踏み込まないと当たらないとわかっていましたし、それをチャンピオン級の選手にできたというのは自信にもなりましたし、パヤノにそういう形ができたのは良かった」

 試合後、一発も被弾していない、きれいな顔で試合を振り返った。井上の圧倒的優位こそ伝えられていたが、アマでは2度五輪に出場し、プロでの実績も十分。パヤノは決して弱い相手ではない。モンスターがあまりに強すぎたのだ。「集中はすごいしてましたよ。毎回(集中)していますけど、トーナメントの一回目ですし、自分の置かれている立場もわかっている」。渇望していた頂上決戦の初戦。感覚を研ぎ澄ませ、最高のパフォーマンスにつなげた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集