[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、強すぎる故に浮上する意外な悩みとは? 「今回は課題を見極める前に…」

「仕事は早ければ早いほうがいい。ダメージもないし」

 バンタム級昇級初戦の5月25日のジェイミー・マクドネル(英国)戦は112秒でKO勝ち。そしてこの日はわずか70秒。2戦合わせても182秒だ。井上のハードパンチャーぶりにますます磨きがかかっているが、一方で新たな悩みも持ち上がる。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「前回もそうでしたが……。(前回は)ラフになって大振りになったという課題はあったが、今回は課題を見極める前に終わった。まぁ一つ一つ集中して1日1日やっていけばいいのかなと。試合に関しては物足りなさは……。勝ち方は満足していますし」と少し歯切れが悪かった。バンタム級での2試合は井上があまりに強すぎるあまり、長い試合ができていないのは事実。「仕事は早ければ早いほうがいい。ダメージもないし」と振り返る通り、ぜいたくな悩みなのかもしれないが、課題らしい課題が見つからないまま、次の試合へ向けて調整するという状態が続いているのだ。

 スーパーフライ級時代は強すぎるあまり、相手が見つからなかったのもうなずける圧勝劇。伝統的に強豪がそろうバンタム級に転向後は、今度は強すぎて課題が見つからないという、また新たな悩みが生まれたようだ。

 準決勝の相手は、10月20日に米フロリダ州オーランドで行われる、18戦全勝のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者。順当ならロドリゲスの勝ち上がりが有望視されている、このカードを、井上は大橋会長らと共に視察する予定。3月に米国内での開催が濃厚な次戦へ向けて、どんなイメージを描いていくのか。強すぎるモンスターはすぐに、次への一歩を踏み出していく。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集