[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな盗塁死見たことない!? 敵選手と“愛の抱擁”に米歓喜「奇妙だ」「史上最高」

こんな盗塁死見たことない!? 敵選手と“愛の抱擁”に米歓喜「奇妙だ」「史上最高」

米大リーグのプレーオフ地区シリーズで二盗を試み、アウトになると諦めた選手がそのまま相手遊撃手と“愛の抱擁”を交わす珍事が発生。なんとも奇妙なシーンをMLBなどが動画付きで公開し、米ファンに「プイグが嫌いな人とは友達になれない」「奇妙だ」「史上最高」と熱視線を集めている。

ドジャース・プイグ(左)とブレーブス・カルバーソン【写真:Getty Images】
ドジャース・プイグ(左)とブレーブス・カルバーソン【写真:Getty Images】

ドジャースの人気者が珍行動で魅了「プイグが嫌いな人とは友達になれない」

 米大リーグのプレーオフ地区シリーズで二盗を試み、アウトになると諦めた選手がそのまま相手遊撃手と“愛の抱擁”を交わす珍事が発生。なんとも奇妙なシーンをMLBなどが動画付きで公開し、米ファンに「プイグが嫌いな人とは友達になれない」「奇妙だ」「史上最高」と熱視線を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 米ファンの視線を釘付けにしたのは、ドジャースのヤシエル・プイグ外野手だ。5日(日本時間6日)のブレーブス戦、3-0とリードした6回1死一塁の場面、一塁走者の背番号66が動いた。

 カウント2-1からの4球目だった。投手トゥーサンの変化球はわずかに外れた。すると、意表を突くように、やや遅れたタイミングでスタートを切った。これに気づいた捕手スズキがすかさず二塁に送球。無駄のない動きで遊撃手カルバーソンに届いたが、プイグはまだ二塁ベース遥か手前。悠々アウト――。そう思った次の瞬間だった。

 観念したプイグはスライディングすることなく、カルバーソンにそのまま抱きついた。それも熱く……。もちろん、判定はアウト。カルバーソンは何をやっているんだとばかりに軽く頭を叩くと、プイグはすごすごとベンチに駆けて行った。プイグといえば、陽気なキャラクターと破天荒なプレーで大人気を誇っており、さすがの振る舞いだ。

 ツイッター上では、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアカウントは「MLBポストシーズン・ハグ続編:ザ・キス」とワイルドカードゲームでカブスのバエズとロッキーズとアレナドが演じたハグの続編と紹介し、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「プイグが魅了し続ける」、MLBはキスの顔文字とともに動画付きで公開した。

 それぞれの投稿には、米ファンから熱視線が注がれている。

「プイグが嫌いな人とは友達になれない」
「元同僚との素晴らしいキス」
「奇妙だ」
「史上最高」
「スライディングしていればセーフだった」
「元同僚との友情のキスだ」
「大好きだ!」
「投稿してくれてありがとう」

 このように大反響を呼んでいた。ワールドチャンピオンを目指した真剣勝負の中にも時々、ユーモアを垣間見せる。それも、メジャーの一つの魅力かもしれない。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー