[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、凡ミス「66」から涙の逆転4強 WTA公式賛辞「日本テニスの歴史作った」

女子テニスの中国オープンはシングルス準々決勝で世界ランク6位・大坂なおみ(日清食品)が地元の同45位・張帥(中国)に3-6、6-4、7-5で勝ち、4強進出。序盤劣勢で試合中に涙を見せ、完全アウェーから第3セットも3-5の崖っぷちから4ゲーム連取で逆転勝ちを演じた。

4強進出を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
4強進出を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

アンフォーストエラー「66」も驚異の精神力で逆転勝ち

 女子テニスの中国オープンはシングルス準々決勝で世界ランク6位・大坂なおみ(日清食品)が地元の同45位・張帥(中国)に3-6、6-4、7-5で勝ち、4強進出。序盤劣勢で試合中に涙を見せ、完全アウェーから第3セットも3-5の崖っぷちから4ゲーム連取で逆転勝ちを演じた。メンタルを立て直して驚異の粘りを発揮し、最後は持ち前の弾丸エースで決着させた瞬間をWTAは動画付きで公開。さらに「日本テニス界で歴史を作った」と日本人初の大会4強を称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ミスが出た。涙も出た。それでも、大坂は勝った。マッチポイント。この日不調だったサーブに全神経を研ぎ澄ませる。弾丸のような一撃をストレートに打ち込むと、張帥は触れることすらできない。ついに決着した2時間30分超の死闘。完全アウェーの観衆から拍手を浴び、少しだけ安堵した表情を見せると、公私で仲のいい張帥とネット際で抱擁を交わし、健闘を称え合った。

 序盤から本来のプレーがでいず、試合中に目に光るものを見せた。しかし、驚異の粘りを発揮して逆転勝ち。WTA公式ツイッターは涙を乗り越え、演じた大逆転勝ちの瞬間を動画付きで公開。「ナオミ・オオサカの素晴らしい逆転勝利!」と絶賛し、公式サイトでも「オオサカはマラソン勝負となった準々決勝で張帥を凌ぐ」と見出しを打って戦いぶりをレポートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集