[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「素晴らしい仕事をした」 CY賞右腕が絶賛「彼に投げるのはタフだった」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向けて、まずは第一歩を踏み出した。今季対戦したサイ・ヤング賞右腕はその打撃センスを絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

サイ・ヤング賞右腕・バーランダーが大谷との対戦を振り返った

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向けて、まずは第一歩を踏み出した。今季対戦したサイ・ヤング賞右腕はその打撃センスを絶賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 1年目を終え、打者としては特大の本塁打を連発し、打率.285、22本塁打、61打点。投手としては160キロ超のストレート、圧巻の落差を誇るスプリット、切れ味抜群のスライダーで衝撃を与えた。右ひじを痛め10試合の登板に終わったが、4勝2敗、防御率3.31と投打に十分なインパクトを残した。

 米メディア「スポルティング・ニュース」が圧巻のルーキーイヤーを特集。2011年のMVP&サイ・ヤング賞右腕バーランダー(アストロズ)は大谷との対戦についてこう振り返っている。

「彼の視覚と手の動きはグラフでは示すことができない。挑戦に挑み、素晴らしい仕事をした。彼に投げるのはタフだったし、彼はファールで逃げることができた」

 大谷はバーランダーに対して14打数3安打、打率.214と数字上はサイ・ヤング賞右腕に軍配が上がるが、8月25日の対戦では中堅左へ2ランを放った。

「私は彼にリスペクトを抱いていた。初対戦で、2ストライク3ボールから投げたスライダーはほとんどの打者は今まで見たことがないような反応をするが、彼は本当に素晴らしいスイングを見せてきた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集