[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、全米決勝の“傷心発言”に元女王が同情「これを聞くのは悲しい」

大坂なおみ、全米決勝の“傷心発言”に元女王が同情「これを聞くのは悲しい」

世界ランク6位の大坂なおみ(日清食品)は9月に全米オープン制覇という偉業を達成したが、決勝で対戦した女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)の主審への暴言などを発端に観客から表彰式にブーイングを浴びて、涙の謝罪をする異例の展開となった。「最も幸せな思い出ではない」と癒えない心の傷を告白していたが、グランドスラム優勝4度の元女王は「これを聞くのは悲しい」と同情の声を上げている。

9月に全米オープンを制覇した大坂【写真:Getty Images】
9月に全米オープンを制覇した大坂【写真:Getty Images】

大坂の発言にGS4度制覇のクライシュテルス氏が同情

 世界ランク6位の大坂なおみ(日清食品)は9月に全米オープン制覇という偉業を達成したが、決勝で対戦した女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)の主審への暴言などを発端に観客から表彰式にブーイングを浴びて、涙の謝罪をする異例の展開となった。「最も幸せな思い出ではない」と癒えない心の傷を告白していたが、グランドスラム優勝4度の元女王は「これを聞くのは悲しい」と同情の声を上げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 WTA公式ブログ「WTAインサイダー」ツイッターは「これを聞くのはつらい」という一言とともに大坂の言葉を伝えた。

「全米オープンの記憶はほろ苦い。大会直後、翌日には本当に思い出したくもなかった。なぜなら、私にとっては必ずしも最も幸せな思い出ではなかったから」

 人生最高の瞬間になるはずだった自身初のグランドスラム優勝は20歳の少女に暗い記憶を残した。憧れのセリーナを倒した栄光の表彰式で大坂は、結果的に観客からブーイングを浴びることとなった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー