[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、決戦まであと9日 練習公開でパヤノ撃破へ自信「問題なくクリアできる」

ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が28日、賞金トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(10月7日・横浜アリーナ)へ向けて所属ジムで練習を公開。3ラウンドのマススパーリングなどで汗を流した。2014年以来、4年ぶりのサウスポー対策として、6月から開始したスパーリング数は計120ラウンド超。充実した練習を積んでいる様子で、9日後に迫った大一番へ向けて「自分が望んでいた試合、舞台が用意されたので、全力で挑むだけです」と意気込んだ。

WBSSへの意気込みを語る井上尚弥【写真:編集部】
WBSSへの意気込みを語る井上尚弥【写真:編集部】

大橋ジムで練習を公開、120回超のスパーリングこなし万全調整

 ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が28日、賞金トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(10月7日・横浜アリーナ)へ向けて所属ジムで練習を公開。3ラウンドのマススパーリングなどで汗を流した。2014年以来、4年ぶりのサウスポー対策として、6月から開始したスパーリング数は計120ラウンド超。充実した練習を積んでいる様子で、9日後に迫った大一番へ向けて「自分が望んでいた試合、舞台が用意されたので、全力で挑むだけです」と意気込んだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 WBSS初戦のパヤノ戦まで10日を切った。サウスポー相手に3ラウンドのスパーリング。その後3ラウンドのミット打ち。上着を羽織ってのシャドーボクシング。その後はサンドバックを打つなど、集まった報道陣の前で体を動かした。「練習も順調に進んでいる。体重調整とあとは微々たる調整だけ。準備はできています。今回もすごく順調」。体重もリミットまで残り1.5キロと調整は万全。笑顔がのぞく場面もあった。

 パヤノは五輪にも出場したアマでも実績のあるテクニシャンだが、ラフファイトも得意とする。前評判では井上が圧倒的だが、決して楽な相手ではない。それでも大橋会長は「今の調子なら全く問題ない」ときっぱり。井上も「対策もしているし、イメージもしている。向かいあってみないとわからないですが、サウスポー特有の見えない角度からくるアッパーは警戒」と冷静に分析。久々のサウスポーとの対戦にも「全然問題ない。距離感さえしっかりと把握して、自分が戦える距離でやれれば問題なくクリアできる」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集