[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

近づく日本人初の100m9秒台 快挙達成に向けて重要な要素とは?

風とタイムの関係は?

 この計算にあてはめると、昨年大会で上限いっぱいの追い風2・0メートルであればタイムは9秒96~97前後となり、桐生は公認9秒台を出せていた可能性がある。一方、今年は向かい風。向かい風が1メートル強くなると、タイムは0秒1程度遅くなる。

 これによると、桐生が仮に無風の条件で走っていたとしても、記録は10秒10前後。好条件の追い風によるアシストが、大台突破には求められる。

 桐生の次戦は、5月8日のセイコーゴールデングランプリ川崎。昨年の世界陸上北京大会でウサイン・ボルト(ジャマイカ)に次ぐ銀メダルに輝いたジャスティン・ガトリン(米国)や、新星サニブラウン・アブデル・ハキーム(城西大城西高)もエントリー。昨年大会では高瀬慧(富士通)が向かい風の中で10秒09をマークしており、今年もハイレベルな展開での好タイムが期待される。

 今季初戦こそ大台突破はお預けとなったが、日本短距離界の夜明けとも言うべき9秒台の足音は、確実に近づいてきている。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集