[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

近づく日本人初の100m9秒台 快挙達成に向けて重要な要素とは?

日本最強スプリンター桐生祥秀(東洋大)が、今季も大きな壁に挑んでいる。

桐生祥秀、昨年9秒87も追い風参考記録で公認されず

 日本最強スプリンター桐生祥秀(東洋大)が、今季も大きな壁に挑んでいる。日本初の陸上100メートル9秒台突入だ。昨年10月に布勢スプリントでリオデジャネイロ五輪の参加標準記録(10秒16)を破る10秒09を出し、脚力を十分鍛えてきた。10秒01を出した13年から取り組んできた悲願達成は、「風」も味方につけることが欠かせない条件となる。

 日本時間4月3日早朝、桐生は米テキサス州で行われたテキサスリレーで今季100メートル初戦に臨み、10秒24に終わった。向かい風1・4メートル、記録を狙うには悪条件だった。

 昨年大会では9秒87を出したが、3・3メートルの追い風参考記録で公認されず。今年は逆風と、2年続けて「風」に泣かされた。

 100メートルには風が大きく影響する。競技者に有利になる追い風が2・0メートル以内でないと参考記録になると決まっている。タイムと風の影響は国内外で様々な研究がなされているが、追い風が1メートル強まればタイムが0秒08程度良くなるとされる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集