[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、59分の圧勝劇も自己採点は「80%」 その理由は? …試合後の一問一答

大坂なおみ、59分の圧勝劇も自己採点は「80%」 その理由は? …試合後の一問一答

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。圧巻の強さを見せつけた“世界のナオミ”は、試合後の会見で再び“ナオミ節”を響かせた。

圧巻の強さを見せつけた大坂なおみは、試合後の会見で再び“ナオミ節”を響かせた【写真:荒川祐史】
圧巻の強さを見せつけた大坂なおみは、試合後の会見で再び“ナオミ節”を響かせた【写真:荒川祐史】

試合後の記者会見での一問一答

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。圧巻の強さを見せつけた“世界のナオミ”は、試合後の会見で再び“ナオミ節”を響かせた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂は憧れのセリーナ・ウイリアムズ(米国)を破った全米オープン決勝以来、10日ぶりの実戦。優勝後は現地メディアに引っ張りだこだった。13日に帰国した後も凱旋会見やスポンサー契約など多忙を極めたが、疲れは見せず、大相撲秋場所を観戦するなど日本を満喫。16日の会見ではリラックスした表情を見せていた。

 チケットは完売。勝利を期待する超満員のギャラリーの中での一戦は、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークに成功。4ゲーム連取するなど、このセットを6-2で先取すると、第2セットも0-1から6連続でゲームポイントを奪い、わずか59分でストレート勝ち。サービスエース10本と、正確かつ強烈なサービスが冴え渡った。

 試合後の記者会見での、大坂の一問一答は以下の通り。

―試合を振り返って

「良い形で終えられてよかったです」

―全米後の最初の大会。プレッシャーになりましたか?

「あまりプレッシャーは感じませんでした。それよりもエキサイティングになればと思いました。非常にたくさんの人が見てくれていた。多くのサポートはうれしく思っています。感謝しています」

―相手を圧倒した。全米の経験が大きかったのか?

「もちろん大きな大会で勝てることは助けになるが、それが一番の理由ではなくて、特に今日は私がいいテニスができたことで自信がもてました」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー