[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

161キロでもこんなに曲がる 怪物右腕の衝撃シンカーに米愕然「人間なら打てないね」

米大リーグで剛腕として今季ブレイクしたカージナルスのジョーダン・ヒックスが持ち前の100マイル(約161キロ)の超高速シンカーで空振り三振を奪取。その瞬間をMLBが動画付きで公開し、米ファンは「人間であるならこれは打てないね」「待って、これって何?」「不気味すぎるピッチング」と度肝を抜かれている。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

ヒックスが代名詞の超高速シンカーで空振り三振、MLB公式「バカげてる」

 米大リーグで剛腕として今季ブレイクしたカージナルスのジョーダン・ヒックスが持ち前の100マイル(約161キロ)の超高速シンカーで空振り三振を奪取。その瞬間をMLBが動画付きで公開し、米ファンは「人間であるならこれは打てないね」「待って、これって何?」「不気味すぎるピッチング」と度肝を抜かれている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 変化球とはいったい何なのか。160キロを超えるシンカー。非常識を常識に変えた剛腕がこの日も魅せた。18日(日本時間19日)のブレーブス戦、2-1とリードした7回にヒックスは登板すると、先頭打者からエンジン全開となった。

 2番の左打者アルビースを簡単に2球で追い込んだヒックス。すると、力強く腕を振って投じた剛速球は外角低めのストライクゾーンへ。三振は避けたい打者も当然打ちにかかる。しかし――。打者の手元で剛速球が変化。急激に打者から逃げるようにしながら沈んで落ちた。バットとボールは20センチは離れていようかというくらい、無残にバットは空を切った。

 これなら仕方ないと思ったのだろう。アルビースも悔しがる素振りを見せず、淡々とした表情。マウンド上のヒックスも顔色一つ変えることなく、クールに振る舞っていた。ただ、MLB公式ツイッターが「バカげてる」と最大級の敬意をもって動画付きで伝えると、目の当たりにした米ファンは愕然とした様子。コメントが相次いでいる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集