[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、完敗の元世界4位は脱帽 わずか3Gしか奪えず「サーブが素晴らしかった」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。敗れたチブルコバは試合後、脱帽。2年前からの成長を認めた。

大坂なおみに敗れたドミニカ・チブルコバ【写真:荒川祐史】
大坂なおみに敗れたドミニカ・チブルコバ【写真:荒川祐史】

チブルコバは大坂の強烈なサーブに脱帽

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。敗れたチブルコバは試合後、脱帽。2年前からの成長を認めた。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 大坂の勢いの前になすすべなく敗れてしまったチブルコバ。第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを許すと、4ゲーム連続で失った。第1セットを2-6で落とすと、第2セットも第1ゲームのサービスこそキープしたが、そこから6ゲーム連続で落とし1-6。3ゲームしか奪えず、わずか59分で敗れた。

 試合後の会見では潔く負けを認めた。

「今日は私の試合ではなかった。全く自分のリズムを出せず。オオサカ選手のサーブが素晴らしかった。オオサカ選手のようなサービスが素晴らしい選手たちは、苦手なタイプの選手。同時にあれだけ強いサーブを打たれればプレッシャーがかかり、相手のサービスではなかなか自分のポイントが取れない。不利に感じてしまう。実際にサーブは素晴らしかった。簡単なボールを私に与えてくれなかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集