[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、凱旋初戦わずか59分で完勝! 五輪金メダリスト級の報奨金もゲット

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。試合後には全米オープンVによる報奨金の贈呈式が行われ、日本テニス協会から800万円が贈られた。協会から贈られる額としては五輪の金メダリスト級だという。

大坂なおみ【写真:荒川祐史】
大坂なおみ【写真:荒川祐史】

チケット完売、超満員のギャラリーの期待に応える

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は19日、シングルス2回戦を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同30位で2014年の全豪準Vのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦。6-2、6-1でストレート勝ち。わずか59分で準々決勝進出を決めた。試合後には全米オープンVによる報奨金の贈呈式が行われ、日本テニス協会から800万円が贈られた。協会から贈られる額としては五輪の金メダリスト級だという。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂は憧れのセリーナ・ウイリアムズ(米国)を破った全米オープン決勝以来、10日ぶりの実戦。優勝後は現地メディアに引っ張りだこ。13日に帰国した後も凱旋会見やスポンサー契約など多忙を極めたが、疲れは見せず、大相撲秋場所を観戦するなど日本を満喫。16日の会見ではリラックスした表情を見せていた。

“世界のナオミ”見たさにチケットは完売。勝利を期待する超満員のギャラリーの中での一戦は、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークに成功。会場は拍手に包まれた。第2ゲームも強烈なサービスエースを決めてキープ。第3ゲームも2度のデュースから最後は見事なダウンザラインを決めて連続でブレークした。第1セットは6-2で先取。まずは好スタートを切った。

 第2セットも大坂の勢いは止まらない。第1ゲームはキープされたが、第2ゲームはパワフルなサービスエースを立て続けに決めてキープ。そして第3ゲームでブレークに成功し、このセットも優位に進める。第5ゲームも大坂の力強いリターンが決まり連続でブレークポイントを奪った。結局危なげなく勝ちきった。試合時間はわずか59分だった。

 コート上でのインタビューで大坂は「こんばんは」と日本語で一言。大歓声を浴びた。「とても彼女はいい選手で難しかったが勝てて嬉しいです」と試合を振り返り、なんと呼ばれたいかという質問には「ん~ナオミちゃんがいい」とまた日本語で答えると、会場は大いに沸いた。

 さらには会場からは凱旋を称える大きな拍手が降り注ぎ、「ちょっと恥ずかしい」と照れていた。

 21日に行われる準々決勝では世界ランク27位のアネット・コンタベイト(エストニア)と同25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)の勝者と当たる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集