[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナ、ラケット破壊に“伝説の女王”が苦言「私は子供が見ていると考えていた」

セリーナ、ラケット破壊に“伝説の女王”が苦言「私は子供が見ていると考えていた」

テニスの全米オープンで男女シングルス日本人初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)。決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審への暴言などで警告を受けるなど取り乱す一方で冷静さを保ち、表彰式ではブーイングの観衆に涙の謝罪をするなど優しさを見せた。シングルス、ダブルスで4大大会優勝計49度という女子テニス界のレジェンドは、セリーナの振る舞いに苦言を呈する一方で「試合中も試合後も本当に感動的だったのはオオサカさん」と人間性を絶賛している。

セリーナ・ウィリアムズの振る舞いは様々な意見を呼んでいる【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズの振る舞いは様々な意見を呼んでいる【写真:Getty Images】

4大大会通算49勝ナブラチロワさんがNY紙でコラム展開「セリーナは何を過ったのか」

 テニスの全米オープンで男女シングルス日本人初優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)。決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審への暴言などで警告を受けるなど取り乱す一方で冷静さを保ち、表彰式ではブーイングの観衆に涙の謝罪をするなど優しさを見せた。シングルス、ダブルスで4大大会優勝計49度という女子テニス界のレジェンドは、セリーナの振る舞いに苦言を呈する一方で「試合中も試合後も本当に感動的だったのはオオサカさん」と人間性を絶賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 4大大会23勝を誇るセリーナの振る舞いは様々な意見を呼んでいるが、かつての女王マルチナ・ナブラチロワさんは容赦なかった。チェコと米国の二重国籍を持ち、グランドスラムでシングルス18勝、ダブルス31勝を挙げた天才レフティーは「セリーナは何を過ったのか」とタイトルをつけ、地元紙「ニューヨーク・タイムズ」でコラムを執筆している。

 セリーナは劣勢に立たされた第2セット、客席からのコーチングをきっかけに客席からの指導で注意を受けて憤慨。その後もラケット破壊、度重なる暴言で計3度のペナルティを受け、試合後もカルロス・ラモス審判による性差別を主張していた。しかし、コラムではセリーナに対し、厳しい論調を展開している。

「セリーナ・ウィリアムズはある部分では正しい。素行不良がいかに罰せられるのかについては、大きなダブルスタンダードが存在する。そして、テニス界だけではない」と理解を示しながら、「男子が見逃されているのだから、女子だって見逃されるべきだ、という考えは賢くない」とセリーナの主張に言及した。

 その上で「我々は自問自答すべき。我々の競技を尊重し、対戦相手に敬意を払うための正しい流儀は何なのか、ということを」と訴えかけている。セリーナはコーチング違反、警告を受けた状態でのラケット破壊、主審への暴言によるペナルティの3点で警告を受けたが、ナブラチロワさんは「それ以外に選択肢はなかった」とラモス主審の判断も全面的に支持している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー