[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、次戦の相手“因縁”のチリッチは警戒度MAX 「ケイはいいプレーをしている」

錦織、次戦の相手“因縁”のチリッチは警戒度MAX 「ケイはいいプレーをしている」

テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、6-2、7-5でストレート勝ち。2年ぶりの8強進出を果たした。準々決勝の相手は因縁の世界ランク7位マリン・チリッチ(クロアチア)。2014年に決勝で錦織の悲願を阻んだ29歳は、再戦へ向けて意気込んでいる。大会公式サイトが伝えている。

世界ランク7位マリン・チリッチ【写真:Getty Images】
世界ランク7位マリン・チリッチ【写真:Getty Images】

準々決勝で対戦するチリッチが錦織戦へ意気込み語る

 テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、6-2、7-5でストレート勝ち。2年ぶりの8強進出を果たした。準々決勝の相手は因縁の世界ランク7位マリン・チリッチ(クロアチア)。2014年に決勝で錦織の悲願を阻んだ29歳は、再戦へ向けて意気込んでいる。大会公式サイトが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 悲願のグランドスラム制覇を成し遂げるために、越えなければならない関門。198センチのビッグサーバー・チリッチが立ちはだかる。錦織とは同世代で過去の対戦成績は8勝6敗。2014年の全米オープン決勝はストレート負けだった。直近では4月のモンテカルロ・マスターズの準々決勝で激突し、1-2で敗れている。

 チリッチは4回戦では世界ランク10位のダビド・ゴフィン(ベルギー)にストレート勝ち。だが3回戦では世界ランク45位の19歳アレックス・デミノー(オーストラリア)に2セットを先取されたが、その後3セットを奪い返しての薄氷の逆転勝ちだった。決して盤石ではない。

 大会公式サイトは錦織戦へ向けた、チリッチのコメントを紹介。「ケイはいいプレーをしている。何試合か見たけど、ボールをとてもいい感じに打ち返していたし、コンディションも良さそうだ」と語っている。

 チリッチもグランドスラムのタイトルは、2014年の全米オープンの1度だけ。2つ目のタイトルへ、気力は充実している。今大会絶好調の錦織との一戦は激戦必至。現地時間5日に行われる準々決勝は、見逃せないものとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー