[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織は「あまりにゲームを支配していた」 対戦相手は脱帽「振り回されてしまった」

錦織は「あまりにゲームを支配していた」 対戦相手は脱帽「振り回されてしまった」

テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、6-2、7-5でストレート勝ち。2年ぶり3度目の8強進出を果たした。大会公式はインスタグラムで勝利の瞬間のガッツポーズを動画で公開。また3回戦で世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を倒していたコールシュライバーも錦織の圧巻の強さに「あまりにゲームを支配していた」と脱帽している。

2年ぶり3度目の8強進出を果たした錦織【写真:Getty Images】
2年ぶり3度目の8強進出を果たした錦織【写真:Getty Images】

敗れたコールシュライバーが脱帽

 テニスの全米オープンは3日(日本時間4日)、男子シングルス4回戦を行い、世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、6-2、7-5でストレート勝ち。2年ぶり3度目の8強進出を果たした。大会公式はインスタグラムで勝利の瞬間のガッツポーズを動画で公開。また3回戦で世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を倒していたコールシュライバーも錦織の圧巻の強さに「あまりにゲームを支配していた」と脱帽している。ATP公式サイトが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 酷暑の中で、135分間の熱いバトルを制した錦織。両手を掲げ喜びを爆発させたあと、激闘ぶりを物語るかのように両腕をだらりと下げ天を仰いだ。疲労と充実感が入り混じった、なんとも言えない表情を浮かべていた。

 ATP公式サイトは特集で「ケイ・ニシコリはほとんど問題に直面しなかった」と盤石のプレーぶりをたたえている。

「自分はいいテニスができたと思う。彼に自分のテニスをさせなかった。彼もいいプレーをしていたけれど、自分は少し上回ったんじゃないかな。一歩前に出て、アグレッシブなプレーができた」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー