[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織&大坂、Wエースに世界も注目 「日本の将来は“ライジング・サン”より明るい」

錦織&大坂、Wエースに世界も注目 「日本の将来は“ライジング・サン”より明るい」

テニスの全米オープンで日本が誇る男女の両エースが快進撃を続けている。世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同13位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を破り、2年ぶりの4回戦進出。同19位の大坂なおみ(同)も、同33位アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に6-0、6-0と1ゲームも失わず快勝し、初の16強進出を決めた。日本人の悲願、グランドスラム制覇に期待も高まる中で、大会公式サイトは「日本テニスの先駆者、ケイ・ニシコリとナオミ・オオサカが奮闘中」と題して、2人を特集している。

全米オープンでの活躍も光る錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】
全米オープンでの活躍も光る錦織圭と大坂なおみ【写真:Getty Images】

共に16強に進んだ錦織&大坂を大会公式が特集

 テニスの全米オープンで日本が誇る男女の両エースが快進撃を続けている。世界ランク19位の錦織圭(日清食品)は同13位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を破り、2年ぶりの4回戦進出。同19位の大坂なおみ(同)も、同33位アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に6-0、6-0と1ゲームも失わず快勝し、初の16強進出を決めた。日本人の悲願、グランドスラム制覇に期待も高まる中で、大会公式サイトは「日本テニスの先駆者、ケイ・ニシコリとナオミ・オオサカが奮闘中」と題して、2人を特集している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 28歳のエース錦織と20歳の新鋭・大坂、日本が誇る両雄が今、現地で注目を集めている。

 同サイトは「全米オープンの大会6日目に日本人選手が続けて出場することなど、20年前は想像するのも難しかっただろう」として、日本人の枠に捉われない2人の奮闘を称えている。

 記事ではまず日本のエースとして、最高で世界ランク4位まで上り詰めた錦織について言及。「日本のエースは、2014年の全米オープンでマリン・チリッチに敗れて優勝を逃したものの、アジア出身の選手として初めて4大大会の決勝進出を果たている」と4年前の大会を振り返っている。

「新たな領域を切り拓いたニシコリは、人口1億2700万人の母国ではレジェンドだ。マツエ出身の彼はツアー優勝11回に加え、アジア人選手としては史上初の世界ランキングのトップ5入りとツアー・ファイナル出場を果たしており、“第一人者”以上のことを成し遂げてきた」

 日本人史上最高と言える、錦織の功績を紹介する中で、怪我にも苦しめられてきたことも言及。今は新しいサーブの技術を体得している途中だとしている。

 その上で「こうした波がありながらも、ニシコリは熱心なファンを数多く引きつけており、彼のソーシャルメディアのフォロワー数も実に多い」と日本国内にとどまらない影響力の大きさを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー