[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫の裏で“もう一つの力走” 4年前の爆破テロ被害者が笑顔でボストン完走

初マラソンの大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が3位に入ったボストン・マラソン。日本人では30年ぶりに表彰台に上がる快挙を演じた裏で、もう一つの“力走”が地元紙「ボストン・グローブ」電子版に取り上げられている。

12年のボストンマラソン爆破テロの被害者、車いす部門で感謝の完走

 初マラソンの大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が3位に入ったボストン・マラソン。日本人では30年ぶりに表彰台に上がる快挙を演じた裏で、もう一つの“力走”が地元紙「ボストン・グローブ」電子版に取り上げられている。

 見事完走したマーク・フライカルが、その人だ。力走したのは車いす部門。三輪型の手押し車で走り抜いた。なぜ、彼は車いすで戦ったのか。それは、この地で起きた忌まわしいテロ事件の被害者だったからである。

 2013年。多くのランナーが歓喜の完走を迎えようとしていたゴール付近で2度の爆発が発生した。凄惨なテロ行為により3人が死亡。300人近い負傷者を出したが、その一人がフライカルだった。

「爆破事件の生存者、マーク・フライカル、男子ハンドサイクル部門で完走」との見出しで報じられた記事によると、4年前のテロで障害を負いながら悲劇の地で力走したという。

「ボストンマラソン爆弾テロ事件の生存者マーク・フカライルが月曜正午直前、ハンドサイクル部門でゴールラインを通過した」

 こう書かれた記事では事故以来、2度目のマラソンを笑顔で完走したと記述。事故によって右足を失ったが、道中、爆破のあった場所を通過する際も当時のことは考えず、走り切ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集