[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ポドルスキ、元独代表盟友の送別試合に送った手紙が感動もの「君のような友達が…」

ポドルスキ、元独代表盟友の送別試合に送った手紙が感動もの「君のような友達が…」

サッカー元ドイツ代表MFシュバインシュタイガーの送別試合が28日、古巣のバイエルン・ミュンヘンのホームのアリアンツ・アレーナで開催。超満員の7万5000人の観衆のもとで、現在所属する米MLSシカゴと、バイエルンの両チームの選手としてプレーした。感動を呼んでいるのが、ドイツ代表時代の盟友で、現在J1神戸に所属するルーカス・ポドルスキからの手紙だ。ドイツメディアが詳細を伝えている。

シュバインシュタイガー(左)に盟友ポドルスキが手紙を送っている【写真:Getty Images】
シュバインシュタイガー(左)に盟友ポドルスキが手紙を送っている【写真:Getty Images】

シュバインシュタイガーの送別試合にポドルスキが送った手紙が話題

 サッカー元ドイツ代表MFシュバインシュタイガーの送別試合が28日、古巣のバイエルン・ミュンヘンのホームのアリアンツ・アレーナで開催。超満員の7万5000人の観衆のもとで、現在所属する米MLSシカゴと、バイエルンの両チームの選手としてプレーした。感動を呼んでいるのが、ドイツ代表時代の盟友で、現在J1神戸に所属するルーカス・ポドルスキからの手紙だ。ドイツメディアが詳細を伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ドイツ代表で2014年にワールドカップを制するなど、長きに渡って代表をけん引してきたシュバインシュタイガーとポドルスキ。年齢もポドルスキが1つ下で、代表デビューも同じ2004年。まさに盟友関係にある。今回の送別試合には、ポドルスキは参加できなかったが、代わりに遠く離れた日本から手紙をしたためている。

 ポドルスキの出身地である、ケルン周辺をカバーするドイツ大衆紙「EXPRESS」は「ルーカス・ポドルスキから送別試合に向けての手紙:バスティ、素晴らしい時間を過ごさせてもらった」と題して、ポドルスキがシュバインシュタイガーに送った感動的な手紙の内容を公開している。

「やあ、バスティ! 僕は今でも君と初めて会った時のことを覚えているよ。髪を金髪に染めてたよね。君は典型的なバイエルンの若者で、僕はケルンっ子だった。あれは2004年のU-21欧州選手権の時で、お互い、とにかくサッカーのしたいティーンエイジャーだったね」

 同紙によると、手紙はこう始まっている。

「その後、僕らはドイツ代表に選ばれて、(ミヒャエル)バラックや(オリバー)カーンの下で若手として、一緒に頑張って戦い抜いた。今は自信を持ってこう言える。当時の僕らはドイツの人たちを再び熱狂させることができた。それは、僕らが純粋にサッカーを楽しんでいたのが伝わったからだろうね」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー