[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「11x-10の悲劇」に散ったあの夏 浦和学院が「エースの涙の182球」以来の甲子園

「11x-10の悲劇」に散ったあの夏 浦和学院が「エースの涙の182球」以来の甲子園

第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、南埼玉決勝で浦和学院が川口を17-5で破り、5年ぶり13度目の出場を決めた。最後に出場した13年夏は名門・仙台育英(宮城)と1回戦で激突し、10-11でサヨナラ負けを喫したが、壮絶な点の取り合いとエースの力投で、ファンの語り草となる名勝負を演じた。あの悲劇以来の夏の甲子園に浦学が帰ってくる。

第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、南埼玉決勝で浦和学院が川口を17-5で破り、5年ぶり13度目の出場を決めた。
第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、南埼玉決勝で浦和学院が川口を17-5で破り、5年ぶり13度目の出場を決めた。

南埼玉で5年ぶり13度目の夏切符、最後の出場は13年の伝説の仙台育英戦

 第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、南埼玉決勝で浦和学院が川口を17-5で破り、5年ぶり13度目の出場を決めた。最後に出場した13年夏は名門・仙台育英(宮城)と1回戦で激突し、10-11でサヨナラ負けを喫したが、壮絶な点の取り合いとエースの力投で、ファンの語り草となる名勝負を演じた。あの悲劇以来の夏の甲子園に浦学が帰ってくる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 高校野球の歴史にとって、脳裏に刻まれているファンも多いだろう。春夏連覇をかけて挑んだ13年夏の甲子園1回戦・仙台育英(宮城)戦。1点リードした初回に2年生エース・小島和哉が一挙6点を奪われる展開。しかし、強打の浦和学院打線は動じない。3回に大量8点、4回に1点を追加し、10-6と試合をひっくり返した。

 ただ、名門同士による激突は、波乱がまだまだ続いた。試合を優位に運べると思った矢先の6回に一挙4点を奪われ、同点とされた。10-10のまま、終盤へ。第4試合で行われた試合は照明が点き、カクテル光線に照らされた選手たちのドラマは、壮絶な結末が待っていた。9回裏、サヨナラを狙った仙台育英の攻撃だった。

 イニングの途中、マウンドの小島が左足がつりかけ、気にする仕草を見せた。そのまま続投し、2死までこぎつけたが、猛暑で182球を投げ続けた体は限界だった。左前打を許すと、森士監督はタイムを取り、交代を決断。背番号1はマウンド上で続投の意思を示すように首を横に振った。エースの意地が見えた瞬間だった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー