[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • テンさんへ 母国のボクシング英雄も追悼「君は僕たちの思い出の中で生き続ける」

テンさんへ 母国のボクシング英雄も追悼「君は僕たちの思い出の中で生き続ける」

フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさん(カザフスタン)が19日に暴漢に襲われ、亡くなったことを受け、同じスポーツ界のカザフスタンの英雄、ボクシングのゲンナジー・ゴロフキンも生前のテンさんとの2ショットを掲載。哀悼の意を表している。

ソチ五輪銅メダリストのデニス・テン【写真:Getty Images】
ソチ五輪銅メダリストのデニス・テン【写真:Getty Images】

ボクシング王者ゴロフキンがSNSで生前の2ショットを掲載

 フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさん(カザフスタン)が19日に暴漢に襲われ、亡くなったことを受け、同じスポーツ界のカザフスタンの英雄、ボクシングのゲンナジー・ゴロフキンも生前のテンさんとの2ショットを掲載。哀悼の意を表している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 21日に行われた市民葬に練習中の米国から急きょ駆けつけ、参加したゴロフキン。その前日には自身のインスタグラムを更新し、1枚の画像を掲載していた。白いシャツ姿で笑みをこぼすゴロフキン。その隣で黒のTシャツをまとい、肩を組んでいるのはテンさんだった。生前、いつも見せていたような優しい笑顔。人柄が浮かばれる1枚だ。

 投稿では「君は僕たちの思い出の中で生き続ける…安らかに眠れ」とつづっている。ゴロフキンはミドル級3団体統一王者で現在、ボクシング界最強の呼び声が高い。ソチ五輪のフィギュアスケートで同国以上初めてメダルを獲得したテンさんはともに、カザフスタンのスポーツ界が誇る英雄的存在。コメント欄でも多くのファンが故人を忍んでいる。

「ああ、なんて辛いんだ」「あんなにも明るく、優しい人を失うのは辛い」「心中お察しします」「彼はカザフスタンの誇りだった」などと声が殺到している。ゴロフキンは練習を取りやめ、米国から市民葬に参列。あまりに突然で、早すぎる死にカザフスタンのスポーツ界をともに牽引してきた英雄も冥福を祈るばかりだった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー