[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 香川真司が日本勢1位! 英紙「W杯全選手採点」、NO1となったアジア選手は?

香川真司が日本勢1位! 英紙「W杯全選手採点」、NO1となったアジア選手は?

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。多くのスター選手が躍動したが、英紙「ガーディアン」は試合に出場し、採点対象となった全選手の平均採点を掲載。日本ではMF香川真司が「7.67」でトップ。また、全体トップはアジア人選となっている。

日本代表を牽引した香川真司【写真:Getty Images】
日本代表を牽引した香川真司【写真:Getty Images】

ガーディアン紙が各試合の平均採点を掲載、香川は「7.67」を獲得

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。多くのスター選手が躍動したが、英紙「ガーディアン」は試合に出場し、採点対象となった全選手の平均採点を掲載。日本ではMF香川真司が「7.67」でトップ。また、全体トップはアジア人選となっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

「ワールドカップ2018プレーヤーレーティング」と題した記事では、今大会の736選手のうち試合に出場し、なおかつ採点対象となった選手を抽出。出場試合の平均による採点を公表している。16強に進出した日本で堂々1位に輝いたのは、香川だった。

 PKで先制ゴールを奪った1次リーグ初戦のコロンビア戦は「8」、2戦目のセネガル戦は「7」、3戦目は出場なしで対象外となり、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦は「8」と3試合いずれも高い評価を受け、平均点は「7.67」で日本勢トップとなった。

 もちろんチームの結果、試合数にも左右されるが、FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)の「7.25」、FWリオネル・メッシ(アルゼンチン)、FWネイマール(ブラジル)の「6.0」、優勝の言動力となったFWキリアン・エムバペ(フランス)の「7.43」など、スター選手も上回る結果となった。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー