[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロアチア、敗戦直後に生まれた“絆の円陣”に広がる感動「なんてスピリットだ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を果たした。歓喜に沸いたフランスとは対照的に試合後、クロアチアがグラウンド上で脚光を浴びたシーンがあった。敗戦直後に監督が中心となって円陣を作り、最後までチームの絆を体現した場面。クロアチア代表ツイッターが実際の写真を公開し、ネット上でも「なんてスピリットだ」「今大会で一番感動した」などとファンに話題を呼んでいる。

クロアチア代表【写真:Getty Images】
クロアチア代表【写真:Getty Images】

敗戦後のピッチで監督を中心に作られた輪、「今大会で一番感動した」の声も

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を果たした。歓喜に沸いたフランスとは対照的に試合後、クロアチアがグラウンド上で脚光を浴びたシーンがあった。敗戦直後に監督が中心となって円陣を作り、最後までチームの絆を体現した場面。クロアチア代表ツイッターが実際の写真を公開し、ネット上でも「なんてスピリットだ」「今大会で一番感動した」などとファンに話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 クロアチアの団結を象徴するようなシーンだった。フランスが歓喜に酔いしれるピッチ上、失意のクロアチアの選手が集まり始めた。

 スタッフも加わり、一つの輪を作ると、互いに肩を組んで円陣を形成した。そして、輪の真ん中にダリッチ監督が入り、選手たちに言葉をかけた。奮闘を労うものだろう。声をかけ終えると、最後は輪を小さくして一つにまとまり、掛け声とともに全員で大きな声を上げると、大きな拍手が沸き起こり、輪がほどけた。その中には涙している選手もいた。

 試合前でも試合中でもなく、決勝で敗れた直後のことだ。「小国」と呼ばれ、快進撃を演じてきたチームの絆は最後まで貫く姿勢が垣間見えた。代表公式ツイッターも印象的なシーンの画像を公開。表情は明るくない。しかし、ダリッチ監督を中心にして互いに肩を組み、前を向こうとしている。そんな瞬間を切り取っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集