[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 甦ったパッキャオ、“狂乱の復活KO”を米メディア絶賛「古き良き時代のパッキャオだ」

甦ったパッキャオ、“狂乱の復活KO”を米メディア絶賛「古き良き時代のパッキャオだ」

ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦(クアラルンプール)は15日、39歳の英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)が王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)を7回TKOで破り、王座を獲得した。9年ぶりのKO勝ちを飾った瞬間を米メディアは動画付きで公開し、「古き良き時代のパッキャオのよう」「熱狂的なパッキャオファンたちは狂乱した」と絶賛している。

9年ぶりのKO勝ちを飾ったマニー・パッキャオ【写真:Getty Images】
9年ぶりのKO勝ちを飾ったマニー・パッキャオ【写真:Getty Images】

再起戦で9年ぶりKO勝ち、米メディア賛辞「熱狂的ファンたちは狂乱した」

 ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦(クアラルンプール)は15日、39歳の英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)が王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)を7回TKOで破り、王座を獲得した。9年ぶりのKO勝ちを飾った瞬間を米メディアは動画付きで公開し、「古き良き時代のパッキャオのよう」「熱狂的なパッキャオファンたちは狂乱した」と絶賛している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 39歳のフィリピンの英雄が、再起戦を最高の形で飾った。熱狂を呼んだのは7回だ。

 残りおよそ20秒だった。ワンツーで強烈な左アッパーをガードの上から叩き込んだ。その瞬間、マティセが膝から崩れ落ちた。この試合、すでに2度のダウンを喫していたアルゼンチンファイターは戦意喪失。うつむいたまま、立ち上がることができない。様子を確認したレフェリーが試合を止め、TKOとなった。

 熱狂に沸く会場。歓喜のパッキャオはコーナーロープに上り、両腕を天に突き上げ、完勝を誇示した。感情を抑えることができず、リングに降りると跪いて頭をコーナーにつけ、勝利に浸っていた。その模様を米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」がツイッターに動画付きで紹介。ファンに興奮を呼んでいた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー