[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「6時間36分」後に生まれたドラマ 敗戦選手の“神対応”に感動「紛うことなき一流」

「6時間36分」後に生まれたドラマ 敗戦選手の“神対応”に感動「紛うことなき一流」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。実に99ゲームで決着した試合時間はグランドスラム史上2位の長さとなる6時間36分だったにも関わらず、勝ったアンダーソンとともに敗れたイスナーが試合後にコート上でファンサービスを実施。“神対応”の様子を大会公式が公開し、海外ファンから「紛うことなき一流」「なんたる紳士」と感動を呼んでいる。

ジョン・イスナー【写真:Getty Images】
ジョン・イスナー【写真:Getty Images】

イスナーのファンサービスを大会公式が称賛「たとえ劇的敗退の後であっても」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。実に99ゲームで決着した試合時間はグランドスラム史上2位の長さとなる6時間36分だったにも関わらず、勝ったアンダーソンとともに敗れたイスナーが試合後にコート上でファンサービスを実施。“神対応”の様子を大会公式が公開し、海外ファンから「紛うことなき一流」「なんたる紳士」と感動を呼んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 どんなに体は疲れていても、6時間36分に渡って熱戦を見守ってくれたファンの思いに応えたかった。イスナーが敗戦後、粋な振る舞いを見せた。

 コートからの去り際。イスナーは客席の最前列に歩み寄った。ファンから紙を受け取るとペンでサインを次々と記していく。表情はぐったりと疲れている。今すぐにでも控室に戻って体を休めたいはずだろう。それでも、ウィンブルドンのセンターコートを戦う者として、最後までテニス選手としての矜持を示した。そんな思いを理解するファンも大きな拍手とともに見守っていた。

 大会公式ツイッターは動画付きで「ファンのための時間。たとえ劇的敗退の後であっても」とつづり、イスナーに対して拍手の絵文字とともに喝采を送った。映像を観たファンも感嘆の声を続々と上げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー