[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • W杯の裏で怪奇現象!? 12秒間で得点機6度フイに解説者爆笑 米誌「狂気じみた展開」

W杯の裏で怪奇現象!? 12秒間で得点機6度フイに解説者爆笑 米誌「狂気じみた展開」

連日、盛り上がりを見せたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会も4強が出揃い、大会も佳境に突入しているが、世界でも各地で熱戦が繰り広げられている。米メジャーリーグサッカー(MLS)では、ペナルティエリア内で12秒間に6度の得点機を全部逃すという珍事が発生。しかも、同点の後半52分に起きた得点力不足の究極系ともいうべきシーンをリーグ公式Youtubeが公開し、海外メディアに「超常的な力が止めたのか?」「史上最も激しいゴール前の攻防」と笑撃が広がっている。

ペナルティエリア内で12秒間に6度の得点機を全部逃すという珍事が発生【写真:Getty Images】
ペナルティエリア内で12秒間に6度の得点機を全部逃すという珍事が発生【写真:Getty Images】

打てども打てども入らない…米サッカーの珍事に笑撃「超常的な力が止めた?」

 連日、盛り上がりを見せたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会も4強が出揃い、大会も佳境に突入しているが、世界でも各地で熱戦が繰り広げられている。米メジャーリーグサッカー(MLS)では、ペナルティエリア内で12秒間に6度の得点機を全部逃すという珍事が発生。しかも、同点の後半52分に起きた得点力不足の究極系ともいうべきシーンをリーグ公式Youtubeが公開し、海外メディアに「超常的な力が止めたのか?」「史上最も激しいゴール前の攻防」と笑撃が広がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 なぜ、こんなには入らないのか。思わず、解説者が爆笑した。それも無理もないと思ってしまうほどの珍事は、7日のMLS3部リーグ相当のノースカロライナFC―チャールストン・バッテリーの一戦だった。リーグ公式Youtubeが笑撃のシーンを公開している。

 1-1で迎えた試合はアディショナルタイム7分を経過し、後半52分だった。ノースカロライナFCは素早い展開でペナルティエリア右サイドに侵入。決定的チャンスを迎えたが、これが悲劇の幕開けだった。GKと1対1になりかけたが、シュートフェイントから中へグラウンダーのパス。これが相手に当たり、中央の味方のもとに弾んだが、処理にもたついてしまいシュートを打てない。

 すると、フリーの味方に下げ、これを右足で振り抜いた。GKの横をすり抜け、さすがに決まった……思いきや、ディフェンスがゴールライン際で辛うじて足に当てた。今度は左サイドで拾った選手が右足を振るが、これも相手に当たり、再び中央の選手のもとへ。今度は防がれまいとゴール右隅を狙ったが、なんとポストに当たってしまった。

 それでも、まだチャンスが終わったわけではない。中央の選手が詰めようとするが、GKにブロックされ、続く選手もボールが足元につかない。ついにはボールが相手ディフェンスに渡り、ピンチを脱出されてしまった。これには試合を冷静に伝えるはずの解説者も「ハッハッハッ」と声を聞くだけでも腹を抱えていそうな笑い声を上げ、悶絶していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー