[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織の勝利で“熱すぎる男”の23年前の歓喜に脚光 「喜び方はいつもこうあるべき」

錦織の勝利で“熱すぎる男”の23年前の歓喜に脚光 「喜び方はいつもこうあるべき」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、自身初の8強進出を決めた。日本人では1995年の松岡修造以来、23年ぶりの快挙。ウィンブルドン公式ツイッターでは、当時の修造さんの勝利の瞬間を動画で公開。歓喜のあまりコートを走り回る姿に脚光を浴びせている。

松岡修造【写真:Getty Images】
松岡修造【写真:Getty Images】

錦織が修造さん以来の8強入り、当時の歓喜のシーンをウィンブルドンが紹介

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、自身初の8強進出を決めた。日本人では1995年の松岡修造以来、23年ぶりの快挙。ウィンブルドン公式ツイッターでは、当時の修造さんの勝利の瞬間を動画で公開。歓喜のあまりコートを走り回る姿に脚光を浴びせている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 錦織の快挙により、修造さんの歓喜のシーンが23年越しに注目を浴びている。大会が公開した1本の動画では、今と何ら変わらない、当時27歳の修造さんの姿があった。

 4回戦でマイケル・ジョイスを3-0で破った修造さん。ネット際のラリーをものにしての、勝利の瞬間、これでもかと喜びを爆発させた。ラケットを投げ捨てると、泣き出しそうな表情になりながら、両手でガッツポーズを作り走り出した。自陣コートをぐるり一周すると、待っていたジョイスと握手。ファンの大歓声を浴びながら、仰向けに倒れこみ、大の字になった。

 熱く、感情を爆発させる姿は、現役時代から変わらない。伝説のシーンに脚光を当てた大会公式ツイッターは「今日の勝利でケイ・ニシコリは、ウィンブルドン準々決勝に進出したシュウゾウ・マツオカ以来初の日本の男子となった。この喜び方を思い起こす口実が必要というわけではないが」とつづり、“熱すぎる男”の“熱すぎる歓喜”のシーンを公開。海外ファンも、続々とコメントをつけている。

「喜び方はいつだってこうあるべき」
「これすき」
「鮮やかなキャラしてたな」
「君を笑顔にする!」
「誠実で努力家の選手だよ」

 世界にも拡散された“熱血漢”の姿。錦織が強敵、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り、4強入りを果たせば、修造さんの歓喜の咆哮が轟くことになりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー