[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、大会公式が勝利直後の“恍惚のバンザイ”の1枚を公開「未知の領域へ」

錦織、大会公式が勝利直後の“恍惚のバンザイ”の1枚を公開「未知の領域へ」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、日本勢では95年の松岡修造以来、23年ぶりの8強進出を決めた。3時間28分の死闘を制し、達成した歴史的快挙の瞬間を大会公式は錦織の“恍惚のバンザイ”の1枚の画像とともに紹介。「未知の領域へ」と記し、感動を誘っている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

日本勢23年ぶり8強の快挙、大会公式SNSが珠玉の1枚で紹介

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、日本勢では95年の松岡修造以来、23年ぶりの8強進出を決めた。3時間28分の死闘を制し、達成した歴史的快挙の瞬間を大会公式は錦織の“恍惚のバンザイ”の1枚の画像とともに紹介。「未知の領域へ」と記し、感動を誘っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ついに錦織が止まったままの日本の歴史を動かした。日本勢23年ぶりのウィンブルドン8強。快挙の大きさを知らせるように、大会公式インスタグラムは1枚の画像を公開した。

 伝統の白いシャツに身を包んだ錦織。右手にラケットを持ち、両腕を突き上げて天を仰いでいる。3時間28分。試合途中には右肘の痛みを訴え、メディカルタイムアウトも取った。死力を出し尽くし、顔は少しやつれているようにも見え、激闘の激しさを伺わせる。しかし、表情は確かに快挙を成し遂げた恍惚感が漂っている。

 そんな1枚を、投稿では「未知の領域へ」と題して紹介。「ケイ・ニシコリは1995年以降で日本初の男子シングルス準々決勝進出」と記し、最後に8強を経験した松岡修造以来となる歴史的な快挙を伝えている。

 試合はガルビスの200キロを超えるパワフルなサーブに苦しめられ、序盤は圧倒された。途中、相手が左膝を負傷するというアクシデントも。そんな難しい一戦でも、体も心も切らすことなく勝利を掴んだ。準々決勝では苦手とするノバク・ジョコビッチ(セルビア)と激突するが、この勢いで一気の突破を誰もが願っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー