[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、次戦ジョコを警戒「常に芝の名手」 “天敵”と芝で初対戦「新たな戦いになる」

錦織、次戦ジョコを警戒「常に芝の名手」 “天敵”と芝で初対戦「新たな戦いになる」

テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、日本勢23年ぶりの8強進出を決めた。歴史的快挙の瞬間を大会公式インスタグラムは錦織の“恍惚のバンザイ”の1枚の画像とともに紹介するなど話題を呼んでいるが、準々決勝で激突するノバク・ジョコビッチ(セルビア)について、錦織は「芝で常に名手」と警戒を強めている。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

ノバク・ジョコビッチと錦織圭【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチと錦織圭【写真:Getty Images】

過去2勝13敗と分が悪い元世界1位と芝で初対戦「自分たちにとって新たな戦い」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、日本勢23年ぶりの8強進出を決めた。歴史的快挙の瞬間を大会公式インスタグラムは錦織の“恍惚のバンザイ”の1枚の画像とともに紹介するなど話題を呼んでいるが、準々決勝で激突するノバク・ジョコビッチ(セルビア)について、錦織は「芝で常に名手」と警戒を強めている。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 ついにウィンブルドン8強に名乗りを上げた錦織。待ち受けているのは、過去2勝13敗で勝率13%という“天敵”ジョコビッチだ。「ノバクは常に芝の名手。テニスは向上しているし、再び力強さを取り戻している。タフな試合になるだろう」。記事によると、錦織はこう語ったという。

 ジョコビッチは昨年、持病の右肘痛に苦み、後半戦はリハビリのために離脱。今年は手術も受けた。かつての世界1位はランキングを21位まで下げた。そして、16度目の直接対決は初の芝での戦いとなった。

「グラスコートで戦ったことがないかどうかはわからない。自分たちにとっては新たな戦いになる。いつでも彼との試合は大きな戦争になる。彼との試合はいつでも楽しんでいる。いつも大きな挑戦なんだ」

 こう意気込んだという。14年の全米オープン準決勝で金星を挙げて以降、12連敗中とあって相性は悪い。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー