[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、復活弾に米メディアも賛辞 「投」「走」なくても「勝負所で一発打てる」

大谷翔平、復活弾に米メディアも賛辞 「投」「走」なくても「勝負所で一発打てる」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。米ファンに「これを待っていたんだ」などと歓喜を呼んでいたが、米メディアも「投げられない、走れない、それでも勝負所での本塁打は打てる」と賛辞。敵将も「脱帽だ」と唸っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

52日ぶりアーチに指揮官も「脱帽だ」、米メディアは「オオタニ…勝負強い」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。米ファンに「これを待っていたんだ」などと歓喜を呼んでいたが、米メディアも「投げられない、走れない、それでも勝負所での本塁打は打てる」と賛辞。敵将も「脱帽だ」と唸っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この時を誰もが待っていた。大谷のバットから快音が飛び出したのは、3-3で迎えた7回先頭。代打で登場すると、カウント2-2から変則右腕シャグワが投じた6球目だった。

 内角低めの速球を捉えにかかる。コンパクトに振り抜き、真芯で捉えた打球は高々と舞い上がり、センター方向へ。追いかけた中堅手も飛距離を読むと、早々に諦めた。フェンスを悠々と越える、特大の135メートル弾。一気に本拠地エンゼルスタジアムが熱狂に酔いしれた。

 前日(7日)に自打球を当てた影響でゆったりとダイヤモンドを一周。しかし、ベンチで待ち構えていたナインは大喜びだ。日本流の握手で迎え入れると、熱いハイタッチを交わし、最後は綺麗にお辞儀も披露。二刀流の怪物の復活のアーチをチーム全体で祝福していた。

 実に52日ぶりの一発をMLB公式インスタグラムは動画付きで速報。米ファンも「これを待っていたんだ」「オオタニはモンスター」など大喜びとなったが、米メディアもこぞって賛辞を並べている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー