[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ナダル、魔法の“股抜きロブ”が再生50万超の大反響「狂気の沙汰」「人間じゃない」

ナダル、魔法の“股抜きロブ”が再生50万超の大反響「狂気の沙汰」「人間じゃない」

連日、熱戦が繰り広げられているテニスの4大大会第3戦のウィンブルドン。多くの名手が魅惑のプレーを披露しているが、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)の一打は今大会屈指だ。背走しながら放った“股抜きロブ”でポイントを奪った瞬間を大会公式インスタグラムが「センセーショナル以外の何物でもない一打」と公開。病みつきになりそうなプレーの再生回数は50万回を突破し、世界のファンに「狂気の沙汰」「人間じゃない」「この一打が見たくて探し回ってた」と絶賛を呼んでいる。

ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

3回戦で見せた魔法の一打を大会公式が公開、ファン絶賛「狂気の沙汰」「人間じゃない」

 連日、熱戦が繰り広げられているテニスの4大大会第3戦のウィンブルドン。多くの名手が魅惑のプレーを披露しているが、世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)の一打は今大会屈指だ。背走しながら放った“股抜きロブ”でポイントを奪った瞬間を大会公式インスタグラムが「センセーショナル以外の何物でもない一打」と公開。病みつきになりそうなプレーの再生回数は50万回を突破し、世界のファンに「狂気の沙汰」「人間じゃない」「この一打が見たくて探し回ってた」と絶賛を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 ナダルの魔法の一撃に世界が酔いしれた。圧巻のショットを放ったのは、7日の3回戦、アレックス・デミノー(オーストラリア)戦だった。

 第2セット、ナダルのサービス。ラリー序盤からネット際ににじり寄ると、デミノーはがら空きの後方を狙ってロブショットを放った。これに反応するナダル。懸命に追いかけ、ベースラインを越えたあたりでワンバウンドしたボールに追いついた。体勢はネットに背を向けたまま。しかし、次の瞬間だった。

 両足で踏ん張り、左手のラケットを前から後ろへ振り抜くと、綺麗に股の下でボールを捉えたのだ。しかも、放たれたボールは山なりの弧を描き、デミノーが前進しているのを見透かしたかのように相手コートのベースラインいっぱいへ。何とか追いつき、デミノーもお返しとばかりに背面で股抜きショットを放ったが、体勢が悪く、あえなくネットにかかってしまった。

 信じられないショットを目の当たりにした会場のファンは一躍、盛り上がり、ナダルのポイントになるとムードは最高潮。喝采が降り注ぎ、コート上のナダルは小さくガッツポーズを作り、喜びを表現した。

 大会公式インスタグラムは「土曜日の『プレー・オブ・ザ・デイ』はナダルによるセンセーショナル以外の何物でもない一打」と称賛のコメントとともに動画付きで紹介。すると、1日余りで再生50万回を突破し、ファンの度肝を抜いている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー