[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、復活弾に揺れた「花巻東」タオル MLBは高校時代の“伝説の夢”に脚光

大谷翔平、復活弾に揺れた「花巻東」タオル MLBは高校時代の“伝説の夢”に脚光

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。母校の「花巻東」タオルが客席で揺れる中、実に52日ぶりのアーチで本拠地のファンを存分に酔わせた。

“52日ぶり弾”の大谷【写真:Getty Images】
“52日ぶり弾”の大谷【写真:Getty Images】

誰もが待ち望んだ52日ぶりの一発、三塁内野席に「花巻東タオル」も…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。母校の「花巻東」タオルが客席で揺れる中、実に52日ぶりのアーチで本拠地のファンを存分に酔わせた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 懐かしの紫色のタオルがエンゼルスタジアムに揺れていた。高校野球シーズンが開幕した7月。かつて甲子園を沸かせた怪物が、メジャーを舞台に復活の狼煙を上げた。大谷は3-3で迎えた7回先頭、代打で登場。カウント2-2から変則右腕シャグワが投じた6球目だった。

 内角低めの速球に長い両手をうまく折りたたんで強振。豪快にセンター方向にかっ飛ばした。打った瞬間、それと分かるような大飛球はぐんぐん伸び、背走した中堅手が見送る遥か先に着弾。文句なしの7号ソロとなった。

 5月17日のレイズ戦以来、17試合ぶりの135メートル弾は貴重な勝ち越しアーチ。前日(7日)に自打球を当てた影響でゆったりとダイヤモンドを回ると、三塁内野席では母校の「花巻東」タオルを掲げ、喜ぶファンも。「大谷の夏」の到来を誰もが喜んだ。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」によれば、初速108.8マイル(約175キロ)。飛距離443フィート(約135メートル)の特大弾をMLB公式インスタグラムは動画付きで速報。米ファンも「これを待っていたんだ」「オオタニはモンスター」など大喜びとなった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー