[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア金の宇野、目標は「完璧」の世界選手権「完成形を見せたい」

冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188.84点で合計281.27点とし、逆転で金メダルを獲得。日本勢の金メダルは2003年の本田武史以来、3大会14年ぶりの快挙となった。

冬季アジア大会V、会見一問一答「僕の中では挑戦しないことはどんな状況でもない」

 冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188.84点で合計281.27点とし、逆転で金メダルを獲得。日本勢の金メダルは2003年の本田武史以来、3大会14年ぶりの快挙となった。

 四大陸選手権で成功した4回転ループは冒頭で失敗したが、3度のコンビネーションジャンプに果敢に挑戦し、金メダルを獲得。試合後の会見では3月の世界選手権へ向け、さらなる進化を誓った。一問一答は以下の通り。

――金メダルについて。

「あまりいい演技はできなかったけど、最後まで攻め切ってまとめた結果の優勝かなと思う。3本のコンビネーションに挑戦して、失敗はしたけど、攻め切れたのは良かった」

――演技の感想は。

「今日のループとフリップはあまり成功にこだわらず、頑張ってトライして、その後、失敗しないように心がけたけど、ちょこちょこミスが出てしまった。コンビネーションは絶対、全部トライしようと思った。いつも余らせて終わらせてしまうので、そうならないようにしようと思って、最後のジャンプも挑戦した。失敗してしまって、残念です」

――連戦が続き、体もキツい状況。

「ハードスケジュールなのは僕だけじゃない。僕の調整の仕方がまだまだ未熟だったという結果です」

――中1日でどう調整した。

「特に変えたことはないけど、間違いなくこの1日でうまい調整ができたなと実感している。気持ちがもたらすコンディションへの影響はすさまじいと思った。集中できない中でショートプログラムに臨んでしまったけど、フリーはいい気持ちで臨むことができた」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集