[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本沈めた「9.35秒カウンター」の展開図が美しい 海外ファン「世界最高のゴール」

日本沈めた「9.35秒カウンター」の展開図が美しい 海外ファン「世界最高のゴール」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた日本代表。2点リードしながら追いつかれ、勝負を決めたのはベルギーが後半アディショナルタイムに決めた超高速カウンターだった。海外メディアが9.35秒と評した電撃速攻について、スペイン紙は実際の写真を用い、攻撃に絡んだ5人の動きが丸わかりの展開図を公開。あまりにダイナミックな光景に対し、海外ファンは「世界最高のゴールだ」「ベルギーが素晴らしい動き」と感嘆している。

完璧なカウンターで逆転ゴールを決めたベルギー【写真:Getty Images】
完璧なカウンターで逆転ゴールを決めたベルギー【写真:Getty Images】

5人の動きが丸わかり、スペイン紙「マルカ」が全体図を捉えた展開図を公開

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた日本代表。2点リードしながら追いつかれ、勝負を決めたのはベルギーが後半アディショナルタイムに決めた超高速カウンターだった。海外メディアが9.35秒と評した電撃速攻について、スペイン紙は実際の写真を用い、攻撃に絡んだ5人の動きが丸わかりの展開図を公開。あまりにダイナミックな光景に対し、海外ファンは「世界最高のゴールだ」「ベルギーが素晴らしい動き」と感嘆している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 静止画で見ても、ベルギーの恐ろしさが伝わってくるようだ。スペイン紙「マルカ」がツイッターとインスタグラムで公開したのは、1枚の画像だった。映し出されているのは、日本のゴール裏上空から撮られたピッチの全体図。連続写真を加工し、プレーの展開が1枚に収まっている。

 GKクルトワがMFデブライネにパス。そこからセンターサークル付近まで持ち上がる。周囲には懸命に戻るDF長友、DF昌子の姿も。しかし、空いた右サイドのスペースに走り込んだDFムニエに送られ、最後はゴール前へのクロスをFWルカクがスルー。スライディングした昌子の手前でMFシャドリが合わせ、ゴールネットを揺らしている。

 図は攻め上がった攻撃に絡んだ5人の動きが分かるように線が引かれ、特に注目はルカクの動きだ。カウンターが始まった時点では中盤右サイドを駆け上がっているが、展開に応じて弧を描くようにゴール前に走り込んで日本のマーカーを引きつけ、シャドリのゴールをお膳立てしている。ゴールにばかり目が行くが、その裏のエースの頭脳的な動きがあった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー