[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • コロンビアMFの“頭突き”はVARでも退場ならず 元審判が異議「主審は自ら確認を」

コロンビアMFの“頭突き”はVARでも退場ならず 元審判が異議「主審は自ら確認を」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は3日、決勝トーナメント1回戦でコロンビアはイングランドと1-1でPK戦の末に3-4で敗れた。イエローカード6枚が飛び交う激しい試合となったが、物議を醸したのはコロンビアMFがセットプレーのポジション取りで相手選手に頭突きを見舞ったシーン。海外メディアが決定的瞬間の画像を公開し、ファンに「レッドカード」「シミュレーション」と賛否が分かれていたが、英メディアは「レッドカードを提示すべきだった」という主審経験者の見解を紹介している。

コロンビア代表のバリオス【写真:Getty Images】
コロンビア代表のバリオス【写真:Getty Images】

主審の判定に主審経験者が見解「私にとっては暴力行為です」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は3日、決勝トーナメント1回戦でコロンビアはイングランドと1-1でPK戦の末に3-4で敗れた。イエローカード6枚が飛び交う激しい試合となったが、物議を醸したのはコロンビアMFがセットプレーのポジション取りで相手選手に頭突きを見舞ったシーン。海外メディアが決定的瞬間の画像を公開し、ファンに「レッドカード」「シミュレーション」と賛否が分かれていたが、英メディアは「レッドカードを提示すべきだった」という主審経験者の見解を紹介している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 物議を醸したのは前半38分。ゴール前、約25メートルのイングランドのFKの場面だ。壁を作ったコロンビアに対し、イングランドも複数の選手が壁の横に並んだ。ここで右端のコロンビアMFバリオスがイングランドMFヘンダーソンと立ち位置を巡り、体を押し合う。主審が壁の左サイドで立ち位置を指示している、次の瞬間だ。

 バリオスは体を寄せてきたヘンダーソンの首元付近に頭をぶつけたのだ。顔を押さえながら、その場に倒れ込んだヘンダーソン。一躍、付近は騒然となり、主審はバリオスを呼び寄せ、イエローカードを掲げたのだった。

 頭突きとみなされれば、一発退場でもおかしくないシーン。米スポーツ専門局「FOXスポーツブラジル」は公式インスタグラムに4枚の連続写真を公開。バリオスははっきりと頭を下げてヘンダーソンの首元付近にぶつけていることが見て取れ、ファンの間でも「レッドカード」「シミュレーション」と賛否が分かれていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー