[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、“批判なき敗戦” 世界が手のひら返し「ベルギーが多くの点で下回った」

日本、“批判なき敗戦” 世界が手のひら返し「ベルギーが多くの点で下回った」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。しかし、優勝候補のFIFAランク3位に一時は2点リードするなど追い詰めた。1次リーグ最終戦では“時間稼ぎ”が批判の的になっていた日本だったが、海外メディアは一転して手のひら返しの称賛を送っている。

日本代表【写真:Getty Images】
日本代表【写真:Getty Images】

1次リーグ最終戦は“時間稼ぎ”批判も…海外メディアはこぞって絶賛

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。しかし、優勝候補のFIFAランク3位に一時は2点リードするなど追い詰めた。1次リーグ最終戦では“時間稼ぎ”が批判の的になっていた日本だったが、海外メディアは一転して手のひら返しの称賛を送っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 同じ敗戦でも、世界の心を打った。日本が確かに、ベルギーを追い詰めた。後半3分、カウンターからMF原口元気の右足一閃で先制ゴールを挙げると、4分後にはMF乾貴士が無回転ミドルを突き刺し、2点をリードした。試合は追いつかれ、後半アディショナルタイムの失点で壮絶に散ったが、海外メディアを釘付けにした。

 英紙「インディペンデント」は「あきれるほど人材豊富で怖いほど才能あふれた彼らのレッドデビルズが多くの点で日本に下回った」とタレント軍団のベルギーを凌ぐほどの試合展開を日本が見せたと伝えている。

 原口の先制ゴールについて「新たな番狂わせのため、この荒れたワールドカップで正しい道筋をつけているように見えた」とジャイアントキリングを予感させたと評価している。

 乾の追加点については「マルティネス監督の3-4-3システムにある最も明らかな欠陥に付け込み、25ヤード離れた所でボールを持つとプレスも受けずに離れたところから叩き込んだ」と相手の足が止まった隙を突いた判断を称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー