[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • C.ロナウドの“肩貸し”に広がる称賛 「真のスポーツマンシップ」と米メディア拍手

C.ロナウドの“肩貸し”に広がる称賛 「真のスポーツマンシップ」と米メディア拍手

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でポルトガルがウルグアイに1-2で敗れ、16強で敗退。世界最高ストライカーのFWクリスティアーノ・ロナウドは志半ばで姿を消した。試合中に負傷した相手FWに肩を貸し、ピッチの外に送り出したシーンが話題に。海外メディアが“美しき1枚”を捉えた画像を公開し、ファンの感動を呼んでいたが、米メディアもこのシーンに脚光を当てている。

世界最高ストライカーのFWクリスティアーノ・ロナウドは志半ばでW杯から姿を消した【写真:Getty Images】
世界最高ストライカーのFWクリスティアーノ・ロナウドは志半ばでW杯から姿を消した【写真:Getty Images】

カバーニに肩を貸したシーンに米紙も脚光

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でポルトガルがウルグアイに1-2で敗れ、16強で敗退。世界最高ストライカーのFWクリスティアーノ・ロナウドは志半ばで姿を消した。試合中に負傷した相手FWに肩を貸し、ピッチの外に送り出したシーンが話題に。海外メディアが“美しき1枚”を捉えた画像を公開し、ファンの感動を呼んでいたが、米メディアもこのシーンに脚光を当てている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 称賛を集めているのは、後半25分、ポルトガルにとっては1-2とビハインドの場面だった。ウルグアイFWカバーニは足を負傷し、立ち上がることができない。すると、真っ先に近寄ったのが味方ではなく、敵であるロナウドだった。そして、自力では歩けない様子の相手FWを助けたのだ。

 少しでも急ぎたい状況だったのは間違いない。しかし、カバーニに歩調を合わせる姿から伝わってくるのは、決して急かしてピッチの外に出したいという意図ではなく、相手を心配し、自然と出た行動のようだった。

 このシーンを公開した「FOXスポーツブラジル」の画像は、多くのファンの感動を誘っていたが、米全国紙USAトゥデーのスポーツサイト「フォア・ザ・ウィン」も「クリスティアーノ・ロナウドは負傷した対戦相手に、スポーツマンシップと共に手を差し伸ばした」と題して脚光を浴びせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー